創成館4強「二投流」伊藤が最後の?上横変幻好救援

創成館4強「二投流」伊藤が最後の?上横変幻好救援

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12
No image

創成館対聖光学院 3番手で登板し聖光学院に勝利した創成館・伊藤(右)は平松とタッチする。左手前は聖光学院・矢吹(撮影・滝沢徹郎)

<明治神宮野球大会:創成館6-4聖光学院>◇12日◇高校の部2回戦◇神宮

創成館(九州・長崎)が聖光学院(福島)に競り勝ちベスト4を決めた。上手投げと横手投げを織り交ぜる“二投流”の伊藤大和投手(2年)が6回から3番手でリリーフ登板。9回は1死二、三塁から連続三振で抑えるなど4回2安打無失点に抑えた。

「上下の高さを意識して投げました」とこの日も打線をほんろう。捕手からは「上の真っすぐ」「横のスライダー」など細かいサインが出る。上からの直球と変化球3つ、横からの直球と変化球3つで8種類。それに浮き上がるボール、沈むボールなど投げ方を変えるため、もっと種類が増える。しかしこの日の試合前、稙田龍生監督から「(投げ方を)どっちでもじゃなくて、一定にしたほうがいい」とアドバイスされた。“二投流”は見納めに? 伊藤は「監督とコーチと相談して決めたい」と話した。

前日11日にはJリーグののV・ファーレン長崎が、J1初昇格を決めた。創成館とホームスタジアムのトランスコスモススタジアム長崎は同じ諫早市にある。昨日の夜、ナインは結果を携帯でチェック。「自分たちも続こう」と意気込んだと言う。創成館の準決勝の相手は大阪桐蔭。長崎の勢いに乗り、快進撃を目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人岡本が村田背負う...決意の背番変更キングの25
侍ジャパン先制!西武・外崎が日本代表1号ソロ「勝つしかない」
稲葉ジャパン、アジアの頂点へ!決勝戦は巨人・田口が先発
“ゴリ押し”終了!? 7年連続『紅白』出場のAAA、まさかの落選は「三浦大知に押し出され......」
台湾が予選敗退、洪一中監督「ピッチャーがすごい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加