新婚武井咲「黒革の手帖」自己最高13・0%締め

新婚武井咲「黒革の手帖」自己最高13・0%締め

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/15
No image

主演ドラマ「黒革の手帖」で銀座のママを演じる武井咲

武井咲(23)主演のテレビ朝日系連続ドラマ「黒革の手帖」(木曜午後9時)の14日第8話、最終回の平均視聴率が、自己最高となる13・0%(関東地区)だったことが15日、ビデオリサーチの調べでわかった。初回から2桁をキープし続けた。武井は、1日にEXILEのTAKAHIRO(32)との結婚と妊娠を発表していた。

同ドラマは、松本清張作品の中でも人気が高く、これまで何度もドラマ化され、山本陽子(75)大谷直子(67)浅野ゆう子(56)米倉涼子(41)ら人気女優が主演してきた作品。武井は、銀行で横領した1億8000万円や借名口座リストを利用して銀座に自分のクラブをオープンさせ、夜の世界でのし上がっていく悪女、原口元子を演じている。

最終話は、安島(江口洋介)から渡された封筒を手に、もう1度、長谷川(伊東四朗)に会う約束を取りつけた元子(武井咲)。震えながらも「カルネ」の権利に加え、さらなる追加条件を要求した元子を長谷川は一喝。状況は緊迫する。そしてその直後、さらなる思いがけない事態が元子と長谷川を襲う。混乱の中、東京・銀座に戻った元子はその足で「カルネ」へ。ママとして居座っていた波子(仲里依紗)に出ていくよう言い渡す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【auの三太郎】織姫が金太郎にブチギレ! パパからもらった “謎の箱” の中身が明らかになる「家族アイ篇」が公開
「コード・ブルー」成功を支えた新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未の女子会
「フジテレビらしい迷走ぶり」と苦笑の渦!! 関係者が明かす「打ち切り3番組」ウラ事情
「科捜研の女」に中川大志が参加!新シリーズ第1話に鑑定人役で登場
長嶋一茂の「ミサイルごとき」暴言を一蹴した宇賀なつみの評価が急騰!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加