【JNCAP2016】イグニス、予防安全性能でスズキ初の最高ランク獲得

【JNCAP2016】イグニス、予防安全性能でスズキ初の最高ランク獲得

  • レスポンス
  • 更新日:2016/12/01
No image

スズキは12月1日、小型乗用車『イグニス』が2016年度JNCAP予防安全性能アセスメントにて、最高ランクの「ASV++」を獲得したと発表した。

イグニスは、ステレオカメラ方式の衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」や「全方位モニター」を搭載。今回、2016年度JNCAP予防安全性能アセスメントにおいて71点中66.3点を獲得し、最高ランクの評価「ASV++」をスズキ車で初めて獲得した。

JNCAP予防安全性能アセスメントは、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が自動車の先進安全技術について評価し、結果を公表する制度。2016年度の評価対象は、昨年までの「前方車両に対する衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)」「車線逸脱警報装置(LDWS)」「後方視界情報提供装置(バックビューモニター)」の試験に加えて、「歩行者に対する衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)」を追加した4項目で71点満点の評価点が与えられる。評価点の合計が12点を超える場合は「ASV+」として認定され、さらに46点を超えると「ASV++」に認定される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「極ZERO」酒税騒動を振り返る 発泡酒? 第3のビール?
ドローン操れぬ自衛隊の時代遅れ度 「駆けつけ警護」に死角あり
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
米国の新たな法律により、コードのクルマが2017年に復活
  • このエントリーをはてなブックマークに追加