神ってる鈴木誠也、黒田に「おとこ気」教えられた

神ってる鈴木誠也、黒田に「おとこ気」教えられた

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01
No image

現代用語の基礎知識 選「2016ユーキャン新語・流行語大賞」発表・表彰式で「神ってる」で年間大賞を受賞した広島鈴木誠也(撮影・小沢裕)

年末の風物詩、「現代用語の基礎知識選 2016ユーキャン新語・流行語大賞」が1日、都内で発表され、「神ってる」が年間大賞に選ばれた。発表・表彰式には、広島の25年ぶり7度目のセ・リーグ優勝に大きく貢献し、言葉の由来となった神懸かり的な活躍を見せた、鈴木誠也外野手(22)が駆けつけた。

鈴木は、まずトップテンの表彰で登壇。「本日は、このような賞に呼んでいただき、まことにありがとうございます。『神ってる』は、僕自身が言った言葉じゃないので、どのように喜んでいいか分からないけれど、うれしく思う。優勝していい年になった、僕は一生、忘れないと思う」とあいさつした。

年間大賞の表彰で再度、登壇すると「(年間大賞は)信じられないです」と緊張気味に答えた。司会の生島ヒロシから「日本シリーズと、どちらが緊張しますか?」と聞かれると「こっちの方が緊張します」と本音を漏らした。

「神ってる」活躍が出来た秘訣(ひけつ)について聞かれると「正直…よく分からないんですけど、試合に出たいと一生懸命やったのが結果になって(『神ってる』という)言葉が出て、ファンの人に覚えてもらえた」と答えた。その上で「今は、どちらかというとやじが多い。来年は、うれしい言葉をかけられるように頑張りたい」と意欲を見せた。

鈴木は、生島から、今季で引退した黒田博樹投手について聞かれると「引退はうすうす感じていたので、黒田さんにいい状態で…と思ってやっていた。日本一は逃したけれど(セ・リーグ)で25年ぶりに優勝できたので、うれしかった」と振り返った。「黒田さんから教えてもらったことは?」と聞かれると「投手なので見る機会はあまりないけれど、練習姿勢、おとこ気ですね」と答えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人まだ獲る メジャー30勝救援右腕リストアップ
岸明日香×安枝瞳×青山ひかる×桜井奈津のラウンドガールにノックアウト
陽岱鋼、巨人入り決定的 史上初の同一年FA3選手獲得
ロッテ、前阪神ゴメス獲得決定的 デスパイネのソフトバンク流出確実で
選手会がNPBにルール5ドラフト導入を提案へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加