在りし日のコラムから知る「柳宗理 暮らしとかたち」展、開催中

在りし日のコラムから知る「柳宗理 暮らしとかたち」展、開催中

  • エンタメウィーク
  • 更新日:2016/10/19
No image

前期は「作品編」、後期「日用品編」の2期構成

2016年10月11日(火)から12月4日(日)まで、石川県金沢市の「金沢美術工芸大学 柳宗理記念デザイン研究所」にて「金沢美術工芸大学開学70周年記念ー柳宗理 暮らしとかたち展」が開催されています。

世界的工業デザイナー・柳宗理が1963年から64年にかけて石川県の地元紙「北國新聞」の夕刊に連載していたコラム「暮らしとかたち」「続・くらしとかたち」で取り上げた製品を紹介する企画展。会場ではコラムの文章とともに実際の作品が展示されます。

選ばれたのは柳自身がデザインした製品のほか、日本の民藝の流れをくむ工芸品や当時の最新デザインプロダクトを含む約20点の製品。

会期は前期(10月11日(火)~11月6日(日))と後期(11月8日(火)~12月4日(日))で展示品を入れ替え、前期は柳自身がデザインしたエレファントスツール、秤、ナイフ・フォークなどの「作品編」、後期は柳が連載に当たってピックアップしたほうき、テーブルウェア、ハサミなどの「日用品編」となっています。

また、会期中の土日にはデザインに関わる4組の講師を招いての特別講演会も開催。デザインジャーナリストの佐藤和子氏(10月16日(日))、雑誌『ブルータス』編集長の西田善太氏(10月22日(土))、D&DEPARTMENT PROJECT代表のナガオカケンメイ氏(10月30日(日))、セレクトショップBEAMSロンドンオフィスディレクターのテリー・エリス&北村恵子氏(11月12日(土))らが登壇の予定となっています。

柳宗理自身の言葉とともにデザイン触れることのできるユニークな展示会。お近くの方はもちろん、遠方の方も足を運ぶ価値ありの内容です。

No image

金沢美術工芸大学開学70周年記念ー柳宗理 暮らしとかたち展

会期:2016年10月11日(火)~11月6日(日) 9:30~17:00

2016年11月8日(火)~12月4日(日) 9:30~17:00

※月曜休所(月曜が祝日の場合は開所)

会場:金沢美術工芸大学 柳宗理記念デザイン研究所 第二資料室/石川県金沢市尾張町2-12-1

▽特別講演会:
会場:金沢美術工芸大学 柳宗理記念デザイン研究所 2階レクチャールーム
公演時間:14:00~16:00
入場料:無料、申込不要
講師:
2016年10月16日(日):佐藤和子(デザインジャーナリスト、金沢美術工芸大学非常勤講師)
2016年10月22日(土):西田善太(マガジンハウス『ブルータス』編集長)
2016年10月30日(日):ナガオカケンメイ(D&DEPARTMENT PROJECT代表・デザイン活動家)
2016年11月12日(土):テリー・エリス&北村恵子(BEAMS ロンドンオフィスディレクター)
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
柳宗理(Sori Yanagi)キッチン用品・テーブルウェアカトラリーがあるショップ掃除用具・掃除道具があるショップ文房具・文具があるショップCASA BRUTUS/カーサ ブルータス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
アストンマーティンとレッドブルのハイパーカー、「AM-RB 001」...150台が完売
欧州為替:ドル・円は114円33銭から114円61銭まで強含み
冬のボーナス、国家公務員に支給 平均約70万円
日経平均上昇“トランプラリー”で積極投資
  • このエントリーをはてなブックマークに追加