侍J山川が稲葉ジャパン1号 期待の4番がバックスクリーン右上部へ特大弾

侍J山川が稲葉ジャパン1号 期待の4番がバックスクリーン右上部へ特大弾

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/13
No image

5回、中越えに本塁打を放つ西武・山川=清武総合運動公園(撮影・堀内翔)

「練習試合、日本-日本ハム」(12日、清武SOKKENスタジアム)

侍ジャパン・山川穂高内野手(西武)が稲葉ジャパン1号となるソロを放った。

稲葉ジャパンの“初陣”となったこの日の実戦。1点を追う五回1死走者なし、カウント2-2から相手先発・吉田の146キロ直球をフルスイング。高々と舞い上がった打球はバックスクリーン右に設置されているスコアボードの最上部で跳ねる特大弾となった。

侍ジャパンの4番として、稲葉監督からも期待を込められる25歳。初実戦で主砲がいきなり結果を残した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
セ新人王の2位票「阪神・大山49票」「横浜DeNA浜口27票」を巡って騒動
巨人選手が恐れる「鹿取GMの非情コストカット」
巨人がFA野上獲得調査、先発強化へ11勝右腕白羽
ロッテ ドラ6永野が入団「昨日入籍しました」妻は4月に出産予定
桑原“第2の魔球”習得宣言 NPBアワーズで危機感「僕は球種少ない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加