会計はションピングカートで!画期的スーパーが福岡でオープン

会計はションピングカートで!画期的スーパーが福岡でオープン

  • リアルライブ
  • 更新日:2018/02/16
No image

画像はイメージです

2月13日に放送された『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京系)では、福岡市に14日オープンしたスーパーマーケット・スーパーセンタートライアル アイランドシティ店を特集した。

同店のショッピングカートは、タブレット端末とバーコードリーダーが付いており、欲しい商品のバーコードをリーダーで読み取り、読み込んだ商品がタブレットに反映されるというもの。

ただ、このカートを使って買い物するには、同店のプリペイドカードが必要。カートにプリペイドカードを読み込ませれば、タブレット端末で精算を行うことができ、わざわざレジで会計をしなくて済むらしい。

当面は店員が補助的にレジ作業をするようだが、レジ打ちにかかる人件費を従来の4分の1程度に抑えられる見込みがあるようで、今後も積極的に導入していくようだ。

ネットでは「IoT革命起きてる気がしてワクワクしてる」「スーパーの省人化すごい。倉庫だね」といった、今後のスーパーの変化を楽しみにしている意見が多く寄せられた。

また、アメリカでは、レジのないコンビニAmazon GOが先月オープンした。決済は専用アプリで行うため、財布を出す必要がなく、非常に画期的だ。だが、海外のユーチューバーがAmazon GOで万引きを成功させた動画をアップしていたりと、まだ、レジレス化には多くの課題があるのが現状といえる。

現在、小売業界では、客の利便性を高め、人件費を抑えるため、様々なテクノロジーの導入が積極的に検討されている。わざわざレジ係が、商品のバーコードを読み取っていた時代を、懐かしむ日が来るのは意外と近いのかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
楽天携帯、いきなり時代遅れ。設備投資たったの6000億で関係者も失笑
お値段9990円!機内持ち込みサイズで44lの大容量を実現したドン・キホーテのキャスターが収納できるキャリーケース
「楽天カード」と「楽天PINKカード」でディズニー・デザインを採用
シャープの大人気ロボット電話機『RoBoHoN』に命が吹き込まれる製造現場に潜入
超個性派からハイエンドまで!こだわり派におすすめのSIMフリースマホ11選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加