ロッテD1・安田、「千葉のゴジラ」になる!高卒野手15年ぶり1桁背番『5』

ロッテD1・安田、「千葉のゴジラ」になる!高卒野手15年ぶり1桁背番『5』

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/12/06

ロッテは5日、東京・新宿区のロッテ本社で新人8選手(育成2選手を含む)の入団発表会を開いた。ドラフト1位・安田尚憲内野手(18)=大阪・履正社高=の背番号は5に決定。高校通算65本塁打を誇るスラッガーは目標に本塁打王を掲げ、「『千葉のゴジラ』といわれるようになりたい」と、巨人や米大リーグ、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏の愛称襲名を誓った。

背番号が期待の高さを表していた。高卒野手ルーキーでは2003年、西岡(現阪神)の「7」以来15年ぶりとなる1桁の「5」。真新しいユニホームに袖を通した安田は「『5』といえば安田といってもらえる選手になりたい。高校からつけている番号なのでプロでも長くつけられるように頑張りたい」と力を込めた。

球団の背番号5といえば、大毎時代に2年連続打点王に輝いた葛城隆雄、プロ野球歴代最高の通算打率・320のリー、堀幸一ら強打者が背負ってきたナンバー。1メートル88、95キロの堂々たる体格をしたスラッガーはプロでの目標も明確だ。

「本塁打王です。最近(チームから)出ていないので」と答えた。本拠地のZOZOマリンは海から吹き付ける強い向かい風の影響もあり本塁打が出にくい球場で、ロッテの選手の本塁打王は川崎球場が本拠地だった1986年の落合博満が最後。92年に千葉移転後、まだ誰も成し遂げていない快挙に敢然と挑む。

愛称にもこだわりがある。同じ右投げ左打ちで体格も似ている松井秀喜氏はあこがれの存在。「松井さんのような大きい本塁打を打ちたい。ファンの方に『千葉のゴジラ』といわれるようになりたい」と松井氏の愛称襲名を誓った。

そんな安田の大物感を、井口監督も感じていた。「(体が)大きいね。球界を背負って立つ選手になれる素材。しっかり育てていきたい。木製バットでずっと練習してきたようだし、1年目からガンガンやってほしい」。この日、初対面の新人に強い期待を寄せた。 (片倉尚文)

新入団選手発表会に出席したロッテ・重光昭夫オーナー代行「(井口監督に)目先の勝利にこだわらず、2-3年後の優勝のためにチーム作りをしてほしいとお願いした。(安田に)すぐに本塁打王を取れるものではない。焦らずに取り組んでほしい」

★日本史は満点!

安田が勉強で得意なのは日本史。「ほとんどの試験で満点です」と胸を張った。父・功さんが社会科教諭で、自宅の書棚には多くの歴史書や歴史小説があったといい、安田は子供の頃から司馬遼太郎の小説などに親しんでいたという。「好きな歴史上の人物は真田幸村。自分の信念を持っている。自分もぶれない芯をもってプロの世界で生きていきたい」。ちなみに功さんは昨年の全国高校駅伝女子で優勝した大阪薫英女学院の監督。12月24日の第29回大会で連覇を目指す。

No image

安田(前列左から2人目)ら新入団選手は、目標をボードに書き込みガッツポーズ。井口監督(中央)も満足そう(撮影・加藤圭祐)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“パ・リーグ党”中川家礼二に聞く ソフトBの牙城を崩すのはどのチーム?
大谷エンゼルス入団スピーチ まるでアカデミー賞
巨人坂本勇人「投手だったら今頃メジャーリーガ-」
大谷がエンゼルスを選んだ「本当の理由」は? MLB公式サイトが“推測”も...
契約金2千万円が実は300万円。GG佐藤が明かす「プロ野球とお金」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加