GM、LiDER企業を買収---自動運転向け次世代システム開発へ

GM、LiDER企業を買収---自動運転向け次世代システム開発へ

  • レスポンス
  • 更新日:2017/10/11
No image

GMの自動運転開発部門、「クルーズ・オートメーション」のテスト車

GMは10月9日、高度な自動運転の実現に欠かせないLiDER(ライダー)を開発する米国の新興企業、ストロベ(Strobe)社を買収した、と発表した。

今後、ストロべのエンジニアは、GMの自動運転開発部門、「クルーズ・オートメーション」のチームに参加。自動運転車向けの次世代LiDERシステムの開発を進めていく。

LiDARは、カメラやレーダーだけでなく、車両の周囲の物体の位置関係を認識し、高解像度の画像データを作成。このLiDARの精度が、高度な自動運転の実現に重要な役割を果たす。

クルーズ・オートメーションは2017年9月、世界初の量産可能な自動運転車として、シボレー『ボルトEV』ベースの車両を発表。この車両は、サンフランシスコ、やフェニックス、デトロイトで、自動運転の公道テストに使用される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
企業とデザイナーが組んでデザインの視点から素材の可能性を引き出す企画展がスタート
トヨタ、残業代を毎月17万円で一律支給する制度導入 仕事を早く終えるほど得 長時間労働無くす狙い
JDI、深まる経営危機...アップルをサムスンに奪われ巨額損失、法的整理も現実味増す
ケネディ前大使が語った「ゴミは中国、漁業は日本よ」の意味とは
王者セブンを焦らせる、ファミマの「ファストフード」売上28%増
  • このエントリーをはてなブックマークに追加