[関西U-16~Groeien~]降格圏脱出へ初芝橋本が気迫示すも...勝ち点1加えた東山がG1残留決定

[関西U-16~Groeien~]降格圏脱出へ初芝橋本が気迫示すも...勝ち点1加えた東山がG1残留決定

  • ゲキサカ
  • 更新日:2019/08/23
No image

[8.22 関西U-16~Groeien~G1第8節 東山高 0-0 初芝橋本高 伊勢フットボールヴィレッジ]

関西地域のU-16の年代において長期にわたるリーグ戦を通して、選手の育成および指導者のレベルアップを図る「関西U-16~Groeien~2019」G1リーグ第8節が22日に行われ、東山高(京都)対初芝橋本高(和歌山)戦は0-0で引き分けた。

勝ってG1リーグ残留を決めたい7位・東山と、降格圏脱出のために負けられない10位・初芝橋本との一戦。東山は初芝橋本の気迫の前に、受けに回る戦いとなったが、大会屈指のCB夘田大揮とCB大森樹、GK中条俊介を中心とした堅い守備を披露する。

そして、Aチームのインターハイ予選でも貴重なゴールを決めていたMF藤枝康佑が身体を張ってボールを収めるなど攻め返す。だが、終盤にこぼれ球からMF下谷汐苑の放ったシュートが枠を外れるなど1点を奪うことができなかった。

初芝橋本もCB岡本卓弥、CB七星優斗を中心に堅守を発揮して無失点。そして速攻やセットプレーからゴール前のシーンを作り出した。だが、1点が遠い。27分に折り返しに走り込んだMF藤本聖也が右足で決定的なシュート。38分にはMF松本悠月の突破から最後は右中間のMF荻野悟が右足で狙うが、このシュートは左ポストの内側を叩いて外れてしまう。

両チームともに最後まで熱い戦い。特に残留へ向けて一体感のあった初芝橋本は、ベンチも含めてよく声が出ていた。だが、東山の堅い壁を破ることはできず。勝ち点1を加えた東山がG1リーグ残留を決めている。

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク

関西U-16~Groeien~2019特集ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
熊本、福岡大2選手の来季加入内定を発表
【山口】守りに徹しない“現実策”。人材流出は痛手も霜田監督が見せた新たな引き出し
「11人のカンナバーロがいた!」「奇跡のクリア」敵地で鹿島を振り切った広州恒大を中国紙が大絶賛!
J2福岡初連勝で残留だ!! 城後「プレッシャーに負けない」
“天王山”の代償大きく...2人の柱欠いた鹿島「もちろん影響がなかったとは言えない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加