2018年W杯2大会の開催地決定、U-23はニカラグア、U-15はパナマが舞台

2018年W杯2大会の開催地決定、U-23はニカラグア、U-15はパナマが舞台

  • フルカウント
  • 更新日:2017/12/06
No image

2018年のU-23W杯はニカラグア、U-15W杯はパナマでの開催が決定【写真:Getty Images】

日本はU-23で前回優勝、U-15はアジア1位で優勝決定

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は6日、2018年に開催される野球ワールドカップ2大会の開催地を発表した。「第3回 U-23ワールドカップ」はニカラグア、「第4回 U-15ワールドカップ」はパナマと、いずれも中南米を舞台に熱い戦いが繰り広げられる。

「第3回 U-23ワールドカップ」の舞台となるニカラグアでは、首都マナグアに新設された15000席を持つ球場、エスタディオ・デニス・マルティネスをメイン会場とし、12チームが優勝を争う。昨年メキシコで開催された第2回大会では日本が優勝。第3回大会にはディフェンディング王者として臨む。現在、出場が決まっているのは、日本、ベネズエラ、メキシコ、プエルトリコ、ドミニカ共和国、チャイニーズ・タイペイ、韓国、オランダ、チェコ、ニカラグアで、アフリカ地区とオセアニア地区から1チームずつが参加する。

パナマで開催される「第4回 U-15ワールドカップ」は、従来の9イニング制から7イニング制にフォーマットが変更。昨年、福島県いわき市で開催された第3回大会では、日本は決勝でキューバに敗れ、準優勝だった。出場が決まっているのは、前回優勝キューバをはじめ、日本、アメリカ合衆国、ドミニカ共和国、パナマ、ブラジル、チャイニーズ・タイペイ、ドイツ、オランダで、アフリカ地区とオセアニア地区から1チームずつが参加する。

来季も侍ジャパンが各カテゴリーで躍動する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
『Mr.インクレディブル』最新作が来夏公開! 特報&場面写真到着『インクレディブル・ファミリー』
漁師は娘を抱きしめて凍死した――吹き荒れた「爆弾低気圧」とその後の希望
堂本剛、突発性難聴と闘いKinKiオーケストラ公演「20周年ここに2人で立ちたかった」
某人気芸人、各局が一斉に起用自粛か...収録中にキレて制御不能、ウケる若手許せず
「長続きする夫婦・しない夫婦のLINE」何が違う?NG内容3つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加