セクハラ式守伊之助が初場所の勝負審判から除外

セクハラ式守伊之助が初場所の勝負審判から除外

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/13
No image

15年11月、大相撲九州場所の結びの一番で行司を行う式守伊之助

10代の若手行司へのセクハラ行為が判明し、今日13日の臨時理事会で処分が検討される、立行司の第40代式守伊之助(58=宮城野)が初日、2日目の勝負審判を外れていることが12日、分かった。

この日行われた取組編成会議で、休場届が提出された力士と同様に除外された。関係者は「まず2日分だけ外すことを決めたが、おそらく今場所は最後まで外れたままだろう。(今日13日の)土俵祭りにもいない」と明言。謹慎の可能性もあるが、臨時理事会で出場停止以上や降格などの厳しい処分が出る可能性が高いという。伊之助は冬巡業中の昨年12月16日に、沖縄・宜野湾市で夕食中に泡盛で泥酔し、部屋まで送ってもらった若手行司に数回キスし、胸を1回触る行為を働いていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阿武咲が休場 逸ノ城戦で右膝痛める
貴乃花親方「相撲革命」で掲げた「三大公約」(1)民事裁判を盾に徹底抗戦
照ノ富士が再出場 親方「稽古もしている」
鶴竜は白星つもる 雪景色に故郷重ね全勝にも初心
阿武咲が休場 右膝後十字靱帯損傷の診断書を提出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加