C大阪が1次リーグ敗退、敵地で広州恒大に敗れる

C大阪が1次リーグ敗退、敵地で広州恒大に敗れる

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/04/17
No image

C大阪尹晶煥監督(18年2月21日撮影)

<ACL:広州恒大3-1C大阪>◇1次リーグG組◇17日◇広州

セレッソ大阪が敵地で広州恒大に敗れ、1次リーグ上位2チームによる16強進出を逃した。

東京とのリーグ戦から中2日でMF山口蛍やFW杉本、柿谷らをメンバーから外して臨んだ一戦。前半6分に先制を許した。同10分にMF福満のゴールで追いついたが、後半12分に勝ち越され、同41分にも得点を許した。

同時刻に行われた一戦でブリラム(タイ)が済州(韓国)に勝利。勝ち点8のC大阪は、同9としたブリラムに次ぐ3位に終わった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
J1スピードランキング。トップに立つのは? 走力がもたらす貢献度、最高速度は何キロか
[関東大会予選]勢い止まらず3戦13発!大森学園に6発逆転勝ちの駿台学園が東京準決勝へ
ミクシィがFC東京に出資「新しいスポーツ&エンターテインメント体験をお届け」
セレッソの敗退が象徴するACL軽視の風潮。“カネ”に支配される現代サッカーとJリーグ
Jリーグ:時代はコワモテキャラ!? 浦和レッズ大槻毅暫定監督が「組長」と人気に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加