ホンダ、米国工場に投資...新世代エンジン生産へ

ホンダ、米国工場に投資...新世代エンジン生産へ

  • レスポンス
  • 更新日:2017/10/13
No image

ホンダの米国オハイオ州アンナ工場

ホンダの米国生産子会社、ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリングは10月12日、米国の工場に投資を行うと発表した。

この工場は、米国オハイオ州のアンナ工場。新世代のホンダエンジンを生産するために、投資を行う。

オハイオ州のアンナ工場では同日、エンジン累計生産基数が2500万基を達成。2500万基目となったのは、最新のダウンサイズエンジン。1.5リットル直列4気筒ガソリンターボだった。

ホンダは最近、アンナ工場に4700万ドルを投資したばかり。2つの新型直噴VTECターボ4気筒エンジンと『アコードハイブリッド』用2.0 i-VTECアトキンソンサイクルエンジンを含む、新型『アコード』用のエンジンを組み立てる。

アンナエンジン工場では、新型『シビックタイプR』用エンジンも生産。現在、アンナエンジン工場は、世界最大のホンダエンジン工場となっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「新品」を欲しがる自衛隊的発想、米陸軍少将が批判
神戸製鋼「社員向け」掲示板が「阿鼻叫喚」 「娘がいるんだ!」「家のローンが!」
ヤマハが農業を変える? ドローン参入、無人ヘリ30年のノウハウ活かし
LS、11年ぶり全面改良=衝突回避機能を強化-トヨタ・レクサス
【魔改造】スーパーバイク「スズキ・GSX−R1000」のエンジンを積んだ自動車の走行音が大迫力すぎてヤバい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加