【悪質タックル問題】日大アメフト部・内田前監督と井上コーチが緊急会見 / 視聴者からは「見苦しい」との声続出

【悪質タックル問題】日大アメフト部・内田前監督と井上コーチが緊急会見 / 視聴者からは「見苦しい」との声続出

  • ロケットニュース24
  • 更新日:2018/05/24
No image

2018年5月22日、悪質タックル問題で加害者となってしまった日本大学アメフト部の選手が、記者会見を行った。会見で選手は自らの非を認め、ケガをさせてしまった関西学院大学のアメフト部の選手と家族に対して謝罪すると共に、騒動の経緯について自らの認識を詳しく話した。

その翌日、23日20時に日大アメフト部の元監督・内田正人氏と井上奨(つとむ)コーチが緊急記者会見を開き、関係者へ謝罪をすると共に、報道陣からの質問に答えた。これをネット配信などで見ている視聴者からは、「見苦しい」との声が相次いでいる。

・潰せと指示

記者会見で、報道陣からの質問は「危険なタックルの指示は行われたかどうか」に集中した。直接指導に携わっていた井上コーチは、「クオーターバックを潰せ」という発言を行ったことについて認めたものの、「ケガをさせる目的で発言していない」と語っている。

・プレイを見ていなかった

関学大との交流戦において、日大の宮川選手は悪質なタックルの後にも反則行為を行ったのだが、「なぜ最初のタックルで対処しなかったか?」と問われると、内田氏は「試合中にその場面を見ていなかった」と説明。

一方の井上コーチは、この件について「自ら選手に対して、思いっきりやることを指示したこともあって、ベンチに下げることはしたくなかった。試合に継続して出してあげたかった」と話している。

・視聴者の反応

昨日の会見で、選手は自ら認識していることを正直に話しているという印象を私(佐藤)は受けた。しかし前監督とコーチの会見は、今ひとつ釈然としないものがある。選手の受け止め方に問題があったかのような言い方をしている感じを受けるのだが……。この会見について、視聴者は次のように反応している。

「昨日の男子生徒の会見の方がしっかりしていた」
「完全に監督がコーチのせいにしてる感がある」
「しどろもどろで意味不明」
「気持ち悪すぎて吐き気を催したので見るのをやめた」
「あまりにひどい…」
「言い訳も酷すぎる」
「イライラする応答、隠し隠しやっていることが見え見え」
「都合悪いこと隠しながら話してる感」
「ダメだこりゃ」
「最低な監督とコーチ」
「何を言っているか全くわかりません」

……など。

これまでも日大アメフト部に対して批判的な意見は多くあったのだが、内田前監督と井上コーチの会見でさらに厳しい声が高まることが予想される。そもそも、この会見は「謝罪」に相当する内容だったのかどうか……。大学の危機管理があらためて問われそうだ。

参照元:Yahoo!リアルタイム検索
執筆:佐藤英典
イラスト:Rocketnews24

動画・画像が表示されていないときはこちらから

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
メキシコで地震観測、発生源はなんと...
サッカーW杯優勝国はココだ AIが100万回のシミュレーションでズバリ予想
データが示す「史上最強のメッシ」がアルゼンチン代表で輝けない理由
<ロシアW杯>出場すらしていないのに......中国とまったく関係ない試合で巨大な中国国旗がひらひら=「恥さらし」と批判の声
ウルグアイの劇的V弾に地元小学校がお祭り騒ぎ!「面白すぎる」と話題の動画が世界中に拡散!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加