マイクロソフト、2月のセキュリティ更新プログラムを公開

マイクロソフト、2月のセキュリティ更新プログラムを公開

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/02/15
No image

日本マイクロソフトは2月14日、2018年2月のセキュリティ更新プログラムを公開した。JPCERT/CCは、脆弱性を悪用された場合、リモートからの攻撃によって任意のコードが実行されるおそれがあるとして、注意を呼び掛けている。

更新プログラムが公開されたソフトウェアは、Internet Explorer、Microsoft Edge、Windows、Microsoft Office、Microsoft Office Servers および Web Apps、ChakraCore、Adobe Flash Player。

深刻度が「緊急」に分類される脆弱性を抱えているのは、Windows 10 および Windows Server 2016 (Microsoft Edge を含む)、Windows 8.1およびWindows Server 2012 R2、Windows Server 2012、Windows RT 8.1、Windows 7 および Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008、Internet Explorer、Microsoft Office 関連のソフトウェア、ChakraCore。

2018年2月6日(米国時間)には、「アドバイザリ ADV180004」を定例外で公開し、Adobe Flash Playerの脆弱性から保護するためのガイダンスおよび関連するセキュリティ更新プログラムを提供していることにも言及している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本の家電製品にほとんどついている「2つの穴」、そんな大きな意味があるなんて知らなかった!=中国メディア
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで最大80%以上オフも! JBLのBluetoothスピーカーや軽量・超薄型モバイルバッテリーがお買い得に
LINE MOBILE、全国約5万カ所の無線LANを使えるWi-Fiオプション提供開始
加熱式タバコに革命?スマホで温度調整等々可能なIQOS互換ヴェポライザー「FYHIT CS BOX」登場!(世永玲生)
自転車並みの速さ! バッテリーで滑るように動く「Turbo Jetts」登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加