松田鈴英3位「ケツと体幹が弱いと...」肉体改造誓う

松田鈴英3位「ケツと体幹が弱いと...」肉体改造誓う

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/11/09
No image

松田鈴英(2018年10月21日撮影)

<女子ゴルフ:伊藤園レディース>◇9日◇第1日◇千葉・グレートアイランドC(6741ヤード、パー72)◇賞金総額1億円(優勝1800万円)

プロ1年目のビジュアル系、松田鈴英(20=ニトリ)が4バーディー、ノーボギーの68で回り、鈴木愛らとともに3位につけた。

「ティーショットが良くて、フェアウエーは4回だけ外しました」と笑顔で話した。前週のTOTOジャパンクラシックで海外のトップ選手と一緒に回り「世界の方のプレーを見て、日本とは違うなと思って、飛距離も体格もすごかったので、すごく刺激をもらいました」と話す。

国内ツアーではドライバーの平均飛距離が9位の松田が「飛んでいるって浮かれている場合じゃないと思いました」と、大会前に横浜のジムで肉体をチェックした。トレーナーに「ケツと体幹が弱い言われ『よくこれでやってるな』って言われました」という。今オフは鹿児島で合宿を行うが「弱いところをやらないといけない。体作りです」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
兵役から復帰した選手のゴルフ観 14年ミズノOP制覇後ツアーから消えたジャン・ドンキュはどう思う?
今平周吾VS堀川未来夢の同学年対決実現 松山英樹と石川遼の同い年にも注目【最終日展望】
松山英樹 進藤大典キャディーとコンビ解消「目指す道を2人で何度も話し合い」
「“賞金女王”と“アマチュア”くらいの差(笑)」有村智恵、アマ上野菜々子と自身の高校時代を比較
権藤可恋がカーボンシャフトで優勝争い きっかけは“出場できなかった”日米共同大会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加