西武・辻監督2段モーション問題に「雄星が一番いい選択してくれれば」

西武・辻監督2段モーション問題に「雄星が一番いい選択してくれれば」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/13

西武・辻監督は「2段モーション」を巡るルール改正を「去年、ひともん着あったけど、終わったことを言ってもしょうがない」と冷静に受け止めた。

No image

西武・辻監督

昨年8月以降、菊池が計3度、反則投球とジャッジされフォーム変更を余儀なくされ、球団が質問状を提出するなど混乱した。「雄星がまた考えて自分の一番いい投げ方、いいところを選択してくれればいい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
地元・仙台で駆け抜けた7年間 愛された元楽天29歳の足跡
三田友梨佳、白鵬「かち上げ問題」への見事な講釈に安藤優子も脱帽!
ドラ2大下らヤクルト新人3投手が初ブルペン 田畑コーチ「バランスよく投げていた」
楽天近藤ら新人5人が1軍キャンプ 嶋、藤田は2軍
NHKニュースが「ンゴ」使用の怪 何があった?直撃取材すると...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加