山田洋次監督『家族はつらいよ2』で映画デビューの藤山扇治郎、「大汗かきました」

山田洋次監督『家族はつらいよ2』で映画デビューの藤山扇治郎、「大汗かきました」

  • シネマカフェ
  • 更新日:2016/11/30
No image

山田洋次監督が“熟年離婚”をめぐって大騒動を繰り広げる平田家の悲喜こもごもを描いた『家族はつらいよ』が、さらにパワーアップして帰ってくる『家族はつらいよ2』。このほど、“喜劇王”と称された藤山寛美を祖父に持ち、『団地』の藤山直美を伯母に持つ喜劇俳優・藤山扇治郎が本作で映画初出演。頼りない新米巡査となって、平田家と関わることになった。

本作には、あのお騒がせ家族・平田家のメンバーがもちろん再集結。熟年離婚の危機を乗り越えた夫婦には橋爪功×吉行和子。長男夫婦を西村雅彦×夏川結衣、長女夫婦を中嶋朋子×林家正蔵、次男夫婦を妻夫木聡×蒼井優が最高のアンサンブルで演じ、小林稔侍、風吹ジュンらも参戦する中、この度、扇治郎さんが初映画にして、祖父・寛美さんと『キネマの天地』(’86)などでタッグを組んだ山田監督作品に初出演。

藤山さんは、周造(橋爪さん)の旧友・丸田(小林さん)が突然死を遂げてしまうことから大騒動を巻き起こす平田家に、通報を受けてやってくる頼りない新米巡査・中村役に。おっちょこちょいでひ弱な中村は、警察官としてやってきたにもかかわらず、自らも平田家で騒動を起こしてしまうという。どうも頼りない巡査と、相変わらずの“お騒がせ家族”とのアンサンブルは、まさに抱腹絶倒となりそう。

藤山さんは、山田監督について、「すごい大御所と伺っていましたが、それを通り越して仏様みたいな方やなあと思っていました。私が緊張していましたら、『おじいさんの松竹新喜劇は大好きでね、僕も喜劇の映画を撮るのが好きなんだよ』とか、演技のこととか、芝居のこととか、私にも分かるお話をしてくださり、『今回は身体を使った喜劇をあなたにやってもらいたい。だからと言って変わったことをするのではなく、喜劇は日常に起こりうることをする。あなたの役の警察官はちゃんと警察学校を出て、やる気満々なんだよ』」とアドバイスがあったことを明かし、「階段落ちのシーンや失神するシーンなど、身に余る経験をさせていただきました」と謙虚に(!?)コメント。

そして「雲の上を歩いているような気持ちでした」という撮影をふり返り、「ずっと大汗をかいていまして、かきっぱなしの汗を拭おうとしていると、『いいんだよ、君の役は大汗をかくくらいじゃないと』と笑って私の緊張感をほぐしてもくれました」とも語り、監督とのエピソードはたくさんあった様子。

さらに、「本当の家族のように、妻夫木さんや西村さんをはじめ共演者の方々が初めての私に気を使っていただき、声をいつもかけていただけたことも嬉しく、橋爪さんからおじいさんさんの話をゆっくりと聞かせていただけたことも私にとって財産になった経験でした!」とコメントを寄せた。

『家族はつらいよ2』は2017年初夏、全国にて公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ギレルモ・デル・トロ監督がコナミを痛烈批判―小島監督めぐり
アニメ史上最も「悲惨なバッドエンド」を迎えた作品ランキング
第1回東京コミコン、フラッシュやターミネーターにアメコミ界の神も降臨!
ロジャー・コーマンの出資決定、日本版「ピラニア」はマグロサイズに!?
カンボジアの子どもたちに映画が届くコーヒー、クリスマス限定販売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加