レスリング学生チャンピオン 強化合宿中に頚椎損傷

レスリング学生チャンピオン 強化合宿中に頚椎損傷

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/12/06
No image

動画を見る(元記事へ)

今年9月、男子レスリングの強化合宿中に学生チャンピオンの21歳の選手が重傷を負っていたことが分かりました。

日本レスリング協会によりますと、協会が主催した強化合宿中の9月13日、全日本学生選手権で優勝した男子学生がスパーリング中に頸椎(けいつい)損傷の重傷を負いました。現在は集中治療室を出て、一般病棟に入院中ということです。協会は、合宿中のけがなどを補償する団体保険に加入していなかったということです。
レスリング関係者:「保険に入っていなかったって聞いたので、ええっと、本当にびっくりしましたね。(協会からの)委嘱状も出ている合宿なので、保険は入っているんだろうなというのが関係者の認識じゃないかなと。責任義務を果たせていない」
協会は、ANNの取材に対して「大会には保険を掛けているが、強化合宿には掛けていない。事故についてはすでにスポーツ庁に報告した」としています。関係者は、ほかの選手らに不安が広がっているとして、スポーツ庁に対し、事故の詳細を明らかにすることや再発防止などの指導を求めて6日午後、質問状を提出します。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「最初、ふざけんなよと」 日本代表FW小林が明かす、韓国戦“PK弾”の舞台裏とは?
川崎F 選手が掲げた「風呂桶」販売へ 「純金カブレラ」も39万円で
FC東京U-18が「“別格”の大会」チャンピオンシップ初制覇! 大逆転で神戸U-18を下す
セルジオ越後が今季のJリーグを振り返る 「川崎と鹿島の明暗を分けた選手起用法は...」
樋口健太郎が初出場初V「20年東京も視野に」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加