Airbnbが東京オリンピックのスポンサーに。激増する宿泊需要へ対応、アスリートと交流体験も

Airbnbが東京オリンピックのスポンサーに。激増する宿泊需要へ対応、アスリートと交流体験も

  • Engadget
  • 更新日:2019/11/19

民泊サイトのAirbnb(エアビーアンドビー)は、国際オリンピック委員会に対して、9年間のワールドワイドオリンピックパートナー契約を締結したと発表しました。東京2020オリンピック競技大会を含む、今後5回のオリンピック大会の協賛企業となります。
同社は2008年に米国で創業し、宿泊客向けに自宅の空き部屋や別荘などをシェアする「民泊」ビジネスで急拡大。創立からわずか11年間で、世界の著名ブランドと並

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加