劇場版「スタートレック」新作をタランティーノが監督?アイデア持ち込みでJ.J.エイブラムスとタッグ

劇場版「スタートレック」新作をタランティーノが監督?アイデア持ち込みでJ.J.エイブラムスとタッグ

  • Engadget
  • 更新日:2017/12/05
No image

SFシリーズ「スタートレック」の新作映画に、クエンティン・タランティーノが加わっている模様です。エンタメ系情報サイトDeadlineは、タランティーノが持ち込んだスタートレックのアイデアをJ.J.エイブラムスが気に入り、これをベースに執筆する脚本チームを立ち上げようとしていると報じました。また、脚本がうまく仕上がったなら、タランティーノが監督の椅子に座る可能性もあるとのこと。

劇場版「スタートレック」シリーズは、J.J.エイブラムスが手がけるリブートシリーズ3作目「スター・トレック BEYOND」のあと、第4作目に関する話も出てはいました。ただその後は具体的な進展はありません。

一方でタランティーノは自身がスタートレックファン、いわゆる"トレッキー"だと公言しており、2015年には、オタク情報サイトNerdistのインタビューで「もしスター・ウォーズを監督するならどんな話に?」という問いに対し、「本心を言えば、スター・ウォーズよりもスタートレックを監督したい」と発言していました。

エイブラムスとタランティーノという、まったく方向性の異なる二人が中心となって描くスタートレックがどんな話になるのかは、オールドファンにとっては期待よりも不安のほうが大きくなりそうです。しかし、「パルプ・フィクション」「イングロリアス・バスターズ」のようなタランティーノらしい入り組んだストーリーになるならば、シリーズに新たなファンを呼び込む可能性もありそうです。

ちなみにタランティーノ監督が大好きだというスタートレックは、TOSと呼ばれるオリジナルのTVシリーズ。このシリーズには、エンタープライズ号が訪れた惑星が1920年代のシカゴさながらのギャングがはびこる世界で、カーク船長らがマフィアの抗争に巻き込まれるというなかなかトンデモなエピソードが含まれていました。これなら、タランティーノが味付けをしてもしっくり来そうです。

なお、現時点ではまだ脚本チームを立ち上げる段階とのことで、新作スタートレックが封切られるのはまだしばらくは先になりそう。現在、J.J.エイブラムスは2019年公開予定の「スター・ウォーズ」エピソード9、タランティーノはマンソン・ファミリーを題材とした作品(2018年公開予定)にそれぞれ取り組んでいます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「m-flo」15年ぶりにオリジナルメンバーで活動!岩田剛典主演映画のバラードを書き下ろし
「前売り券に中居&木村の姿が!?」 園子温監督との約束果たした元SMAP『クソ野郎と美しき世界』
『スター・ウォーズ』カウントダウンで盛大に上映スタート!最後のジェダイ前夜祭にファン殺到
元SMAP映画に山内ケンジ監督起用で静岡県民が熱狂する理由
永尾まりやが熱演、配信ドラマ版『不能犯』ダイジェスト映像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加