神戸吉田監督、浦和を警戒も「思い切っていきたい」

神戸吉田監督、浦和を警戒も「思い切っていきたい」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/13
No image

神戸吉田監督(17年9月23日撮影)

ヴィッセル神戸は13日、神戸市内で14日アウェー浦和レッズ戦に向けて約1時間半練習した。

神戸は最近のリーグ戦4試合負けなし(3勝1分け)と好調を維持している。

吉田孝行監督(40)は「(浦和は)ハードワークを惜しまないチーム。個としてもチームとしてもレベルが高い。難しい相手」と警戒しつつも、「自分たちはチャレンジャーのつもりで思い切っていきたい」と意気込んだ。

この日は、韓国代表としてロシアとスイスで国際親善試合に臨んだGKキム・スンギュ(27)が練習を欠席。吉田監督は「時差があるし、(明日は)体調次第。出るか出ないかは本人と話してみないと分からない」と話すにとどめた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
首位鹿島と2位川崎の勝ち点差が「2」に...敵地で勝利の札幌が残留に前進/J1第30節
最も走ったチーム&選手は...J1第30節の走行距離発表
俊輔、今季カップ戦初先発初出場へ闘志「自分たちとの戦い」
【岩本輝雄のオタクも納得!】バランスの悪かったマリノス。中盤に防波堤があれば...
ケルン大迫、独メディアから酷評の嵐...チーム単独の最低評価
  • このエントリーをはてなブックマークに追加