最新ランキングをチェックしよう
スケールは稲本、福西クラス。U-21最年少の伊藤洋輝が衝撃プレー

スケールは稲本、福西クラス。U-21最年少の伊藤洋輝が衝撃プレー

  • Sportiva
  • 更新日:2018/01/19

スケールの大きさ、という点で言えば、かつて稲本潤一や福西崇史を見たときに覚えた衝撃、期待感に近いものがある。 U-23アジア選手権のグループステージ第3戦、北朝鮮戦の28分のことだった。チーム最年少の18歳で招集されたジュビロ磐田の伊藤洋輝 左シャドーのFW旗手怜央(はたて・れお/順天堂大)がアタッキングサードで仕掛けると、左の外側を疾風のごとく駆け抜けてパスを受け、左足でシュートまで持ち込む選手

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鹿島1番人気 C大阪川崎F続く/ニッカン順位予想
五輪の観客に紛れる「ホワイトフレンズ」とは誰?
ウォール・ストリート・ジャーナル
優勝は? 降格は?「今季J1の全順位」を事情通5人が予想してみた
王国オランダを追い抜いた日本の技!科学的分析で空気抵抗を最小限に/スピード
サッカーを深く愛した大杉漣さん 背番号10で還暦超えても月2回プレー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加