最新の知育学習玩具をAmazonに取材! 子どもに贈りたいクリスマスギフト

最新の知育学習玩具をAmazonに取材! 子どもに贈りたいクリスマスギフト

  • ウーマンエキサイト
  • 更新日:2016/12/01

■知育玩具の人気が急上昇! でも定義がわからない!?
玩具の選択肢が多様化する中で、いま「知育玩具」の人気が急増中。Amazonが今年6月に実施した意識調査では、なんと70%以上の親が知育・学習玩具に高い関心を抱いていることが判明。玩具を通して、なんらかの能力を身につけて欲しいというニーズが高まる一方で、パズルやブロック、積み木という漠然としたイメージはあるけれど、具体的に「知育玩具とはなんだろう?」と疑問を持つ人が多数……。

それもそのはず実は、玩具業界に「知育玩具」についての明確な定義がそもそも存在しないのだとか。言われてみると、確かに「頭がよくなる、知識が身につく」など、ぼんやりとしたイメージしか浮かばないですよね。

No image

■日本とアメリカの玩具に対する意識の差
日本では「玩具=キャラクター」という印象が強く、それ以外の玩具と出会う機会が少ないのが実態。でもアメリカでは、すべての玩具の中で知育玩具が締める割合が、なんと日本の約2倍。日本では、ブロックなどをイメージする人が多い知育玩具ですが、アメリカではSTEM(Science/科学、Technology/技術、Engineering/工学、Mathematics/数学)と呼ばれる理系の能力を伸ばす玩具に注目が集まっています。

■2016年はプログラミング玩具に大注目!
STEM系玩具の中でも、とくに流行しているのが「プログラミング玩具」。玩具を通して具体的なプログラミング方法を覚えるのではなく、論理的な思考を鍛えるというのが目的です。

日本でも2020年に「プログラミング」を小学校で必修化するという動きがあり、それに伴いプログラミング玩具がますます注目を浴びることは間違いなし。実は2013年頃から子供向けのプログラミング本が発売されたり、文部科学省が手がける「プログラミン」というPC用のコンテンツが登場したりと、日本でも「プログラミング」への注力がじわじわと進んでいるんです。

■ロボット型玩具で楽しくプログラミング

No image

Wonder Workshop 【国内正規代理店】 プログラミングロボット ダッシュくん Dash Robot/Wonder Workshop

プログラミング玩具として、世界的に大人気となっているのが「プログラミングロボット ダッシュくん」。スマホに登録した通りの動きをしてくれる愛らしいロボット。おもしろい声を出したり、ひょうきんな動きをしたりと、年齢に合わせた5種類のアプリを通して遊びながら自然とプログラミング能力が身につきます。対象年齢は5歳から。

No image

Amazon特別賞1  プログラミングロボ コード・A・ピラー/フィッシャープライス

もう少し低年齢向けとしてオススメなのが「プログラミングロボ コード・A・ピラー」。対象年齢は3歳からで、イモムシの胴体に描かれた矢印を組み合わせ、的を目指して道筋をプログラミングするというもの。キュートな見た目で遊びながら論理的思考が身につくと、アメリカを中心に人気を集めています。

■Amazonが初めて「知育・学習玩具大賞」を発表!
日本と海外の知育玩具に対する思考がわかったところで、やはり定義は曖昧なまま。欲しいというニーズと、情報不足というギャップを埋めるべくAmazonでは、知的発達につながるものを「知育玩具」、英語や計算スキルなどが身につくものを「学習玩具」と定義づけ。

それぞれの玩具について、カスタマーレビューで高い評価を得ているものを選出し、その後、教育心理学者や脳科学者、保育者という専門家の意見を取り入れ、初めて「知育・学習玩具大賞」を発表しました。

■Amazon 知育・学習玩具大賞
知育玩具部門大賞 「KAPLA カプラ200/KAPLA」
学習玩具部門大賞 「世界の国旗かるた/学研」
審査員特別賞(秋田喜代美氏)「アソブロック BASICシリーズ スペシャルパック ドラゴン/マーゼンプロダクツ」
審査員特別賞(池谷裕二氏) 「サボテンバランスゲーム/プラントイ」
審査員特別賞(駒崎弘樹氏) 「ニューブロック たっぷりセット/学研ステイフル」
アイデア賞 「わごむパターンボード/くもん出版」
Amazon特別賞1 「プログラミングロボ コード・A・ピラー/フィッシャープライス」
Amazon特別賞2 「ローリーズ・ストーリー・キューブス/The Creativity Hub」

知育玩具部門で大賞を受賞したのは、「カプラ200」。同じサイズの木片というシンプルな作りながら、アイデア次第でさまざまな形を作り上げることができます。もとはフランスの玩具ですが、日本では保育園に置いてあることなどをきっかけに広く浸透。とにかく高く積み上げて、崩れたときに「ワー! キャー!」と子どもたちは大興奮! シンプルゆえに、子どもの想像力を広げてくれるのが特長です。

No image

知育玩具部門大賞  KAPLA カプラ200/KAPLA

No image

学習玩具部門大賞  世界の国旗かるた/学研

学習玩具部門の大賞は「世界の国旗かるた」。遊びながら国旗や地図が覚えられる、まさに学習玩具の王道的アイテムです。大人でも知らない国旗がたくさんあり、子供とコミュニケーションを取りながら家族で楽しむことができます。

No image

審査員特別賞(池谷裕二氏) サボテンバランスゲーム/プラントイ

審査員特別賞受賞の中で、とくに注目なのは「サボテンバランスゲーム」。サボテンが倒れないようにサイズの違うパーツを刺していくゲームで、脳研究者オススメの玩具。インテリアとしても活用できるオシャレなデザインも魅力です。脳を刺激するという意味で、子供だけでなく老人ホームなどでも利用されているそうですよ!

■知育学習玩具はシンプル×最新技術の二極化
今年の「知育学習玩具大賞」において、プログラミング玩具は特別賞の「プログラミングロボ コード・A・ピラー」のみとはいえ、来年以降ますます人気を集めることは必至。これからの時代、玩具を選ぶ際には、積み木など昔ながらのシンプルな玩具と、最新技術を駆使したハイテク玩具を上手に取り入れる必要があるのかもしれません。

遊びの中でも、少しでも子供の能力を育てたいという親心。玩具のチカラを借りつつ、親子で楽しくさまざまな能力を育んでいけたら素敵ですね!

(勝浦阿津希)

取材協力/出典
Amazon HPhttps://www.amazon.co.jp/chiiku1

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本のIT産業の生産性の低さの一つの理由 --- 水野 匡章
「VRカノジョ」の発売が2月28日に決定【速報】
マリファナや野菜を自宅で簡単に育てられる全自動栽培ボックス「Leaf」
ホンダが「CES2017」で発表する"感情エンジン"を搭載したコンセプトカー『NeuV』とは?
Bluetoothに「5」がやってくる。速度2倍、範囲4倍のスゴイヤツ

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加