世界のスマートウォッチ出荷数、第1四半期は前年同期比48%成長、3台に1台が「Apple Watch」

世界のスマートウォッチ出荷数、第1四半期は前年同期比48%成長、3台に1台が「Apple Watch」

  • @DIME
  • 更新日:2019/07/02
No image

カウンターポイント社は、Global Smartwatch Trackerサービスによる最新調査を発表した。

同調査では、世界のスマートウォッチ出荷は、Apple、Samsung、Fitbit、Huaweiが市場を牽引し、2019年第1四半期に前年同期比で48%の健全な成長をみせていることがわかる。

トップの9社で全出荷の75%を占める

No image

この市場の主な変化について、カウンターポイント社のリサーチアナリスト、Satyajit Sinha氏は以下のようにコメントを述べている。

「iPhoneの需要は弱いが、Apple Watchは前年比49%のしっかりした成長を遂げている。同社のApple Watch Series 4は、心電図(ECG)や転倒検知の様なヘルスケア関連の機能に引き続き重点を置いている。私たちのConsumer Lensサーベイによれば、Apple WatchのECG機能が一番欲しい機能として挙げられている。今やAppleは、ECG機能の認可を、香港と他の19の国の保健当局から取得しており、これにはフランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国が含まれる」

Huaweiのシェアは、一気に3%の成長を遂げた。これは最新のHuawei Watch GTによるものだ。キャッチーなデザイン、手頃な価格、成長するHuaweiブランドのイメージ、それに同社の既存スマートフォンユーザー層が需要を生み出した。

また、HuaweiはHuaweiブランドでスマートウォッチを、スマートバンドはHONORブランドで、とそれぞれ重点化する販売戦略にシフトしている。

スマートウェアラブルにおけるイノベーションに関して、アソシエイトディレクターのBrady Wang氏は、以下のようにコメントを述べている。

「折り畳みディスプレイは、スマートウォッチにも搭載されてきた。Nubiaは、スマートフォン+スマートウォッチの機能を提案し、手首につけるデバイスにスマートフォン並みの能力を搭載した。Nubia Alphaのユーザーインターフェースは、ジェスチャコントロール、画像認識による操作ショートカット、画面上のアプリの移動などを備えており、汎用的でユーザーフレンドリーである。

とはいえ、今はまだスマートウォッチのフォームファクター(大きさや形状)については進化が始まったばかりである。新しいフォームファクターが成立するには、いろいろな面で従来のものを上回らなくてはならない。よりかさばらない、頑丈なのにスタイリッシュ、断片化されず直感的にわかりやすいソフトやUI、といった進化が必要である。曲げられるディスプレイをもつスマートウォッチが市場の主流になるのは、2025年以降であると、我々はみている」

スマートウォッチに関する最新の詳細な調査については、同社の公式サイトをチェック。

関連情報/https://www.counterpointresearch.com/
構成/ino

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Windows 10向けの新しいコンソール「Windows Terminal」 プレビュー版を試す
スマホのバッテリー持ちが悪い「究極的な原因」
任天堂、携帯モード専用の小型モデル「Nintendo Switch Lite」を9月発売
バックカメラ付きで雨の日でもしっかり録画するAUKEYの6.8インチ大画面ミラー型ドラレコ「DRA2」
NECのペン付き高性能Windows 10タブが1.4万円と激安販売中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加