ケーヒン、台場R&Dオフィス開設へ パワートレイン電子制御領域の開発強化

ケーヒン、台場R&Dオフィス開設へ パワートレイン電子制御領域の開発強化

  • レスポンス
  • 更新日:2018/02/15
No image

ケーヒン(ロゴ)

ケーヒンは、パワートレインの電子制御領域の開発強化を目的として、東京台場に「台場R&Dオフィス」を2018年4月に開設すると発表した。

自動車業界ではパワートレインの電動化が加速し、自動運転やコネクテッドカーなど新たな領域への研究開発も拡大している。そうした中、これまで自動車メーカーが担ってきたエンジンの開発領域(上流領域)を自動車部品メーカーが担うことで、業界全体の開発量を拡大していく動きが見られる。

ケーヒンは、こうした背景を受け、エンジンの提案型・上流化開発や次世代電動車の制御技術の構築など、電子制御領域の開発を強化。さらに、自動運転やコネクテッドカーなど新たな領域に関するリサーチおよび技術イノベーションを強化していく。その環境づくりのため、現在、本社(東京都・新宿)でエンジンのソフトウェア開発を行う部門を台場R&Dオフィスに移動させるとともに、人員のさらなる拡充を図る。

同社は、自動車メーカーが担ってきたエンジンでの電子制御領域の開発を担うことで、システムを構成する製品の受注拡大を図とともに、将来的には電動車両の電子制御領域の開発も担う強いサプライヤーへの進化を目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
売れ筋ダウンはモンクレールとユニクロ 両極端な消費動向
20年前、片道4000円で超ガラガラだった東京湾アクアラインは800円になってこうなった
美人コンパニオンも多数登場!「NAGOYAオートトレンド2018」が開幕
郊外から東京都心まで......閉店ラッシュの「TSUTAYA」、レンタル実店舗に未来はある?
アスクルはアマゾンに勝つ...なぜ後発のロハコは成功したのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加