最新ランキングをチェックしよう
時代が早すぎた?「モトコンポ」の血をひく幻の電動バイク―ホンダが構想

時代が早すぎた?「モトコンポ」の血をひく幻の電動バイク―ホンダが構想

  • インターネットコム
  • 更新日:2016/10/19

すべての動画・画像がある記事はこちら
フル充電で240kmを走る自転車型の電動バイクや、カバンに入る電気自動車など、小さくとりまわしのよい個人用の乗り物が話題だ。多くは海外発だが、日本でも本田技研工業(ホンダ)がかつてこの分野で魅力的な製品を構想していた。「MOTOR COMPO」だ。

MOTOR COMPOは2011年の東京モーターショーに出展した二輪車のコンセプトモデル。バッテリーを搭載し

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
いきなりステーキ好調 年初から「株価4倍」の勢いは続くのか?
バッテリーの小型化が生んだ電チャリのデザイン革命
TENGA史上初、電動モデル登場 「新次元の気持ちよさ」
新型「シビック」9月29日発売 「TYPE R」は450万円 ホンダ(写真95枚)
2017年上半期「ふるさと納税」人気ランキングBEST10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加