最新ランキングをチェックしよう
時代が早すぎた?「モトコンポ」の血をひく幻の電動バイク―ホンダが構想

時代が早すぎた?「モトコンポ」の血をひく幻の電動バイク―ホンダが構想

  • インターネットコム
  • 更新日:2016/10/19

すべての動画・画像がある記事はこちら
フル充電で240kmを走る自転車型の電動バイクや、カバンに入る電気自動車など、小さくとりまわしのよい個人用の乗り物が話題だ。多くは海外発だが、日本でも本田技研工業(ホンダ)がかつてこの分野で魅力的な製品を構想していた。「MOTOR COMPO」だ。

MOTOR COMPOは2011年の東京モーターショーに出展した二輪車のコンセプトモデル。バッテリーを搭載し

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
SoftBankは日本で自動運転バスの実用化を目指す、商用サービスの開始は2020年を予定
レストランは休業中 川越シェフが「世の中から忘れてもらいたい」
徹底した軽量・コンパクト化と新しい電子制御で進化したホンダの大型スーパースポーツバイク『CBR1000RR』
旅行比較サイト各社も「てるみくらぶ」「自由自在」の掲載を休止
ホンダ、モンキーを8月末で生産終了...排ガス規制強化で50年の歴史に幕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加