キムタク主演「A LIFE」最終回は16・0%!自己最高で有終の美

キムタク主演「A LIFE」最終回は16・0%!自己最高で有終の美

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/03/21

昨年大みそかをもって解散したSMAPの木村拓哉(44)が主演を務めたTBS日曜劇場「A LIFE~愛しき人~」(日曜後9・00)の最終回(第10話)が19日に15分拡大で放送され、平均視聴率は16・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かった。第8話の15・7%を上回り、自己最高をマーク。有終の美を飾った。

No image

「A LIFE~愛しき人~」(C)TBS

16・0%は自己最高とともに、1月スタートの民放連続ドラマ12作品(ゴールデンタイム=午後7~10時、プライムタイム=午後7~11時)のうち1位。

第1話=14・2%、第2話=14・7%、第3話=13・9%、第4話=12・3%と推移。第3話、第4話と連続ダウンしたが、第5話=13・9%、第6話=15・3%とV字回復した。第7話=14・5%と微減したものの、第8話=15・7%。第9話はWBC2次ラウンド「日本―オランダ」(テレビ朝日)が裏番組にありながら、14・7%と健闘した。

グループ解散後、木村の初仕事となる主演作。連続ドラマ主演は、昨年4月クールのテレビ朝日「アイムホーム」以来、1年半ぶり。TBS日曜劇場となると、13年10月クール「安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~」以来3年ぶり。過去にさまざまな職業の主人公を演じてきたが、心臓血管と小児外科が専門の職人外科医に初挑戦。今回の外科医役が20個目の職業になった。

脚本はフジテレビ「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」「僕の歩く道」の僕シリーズ3部作などで知られる橋部敦子氏による完全オリジナルのヒューマンラブストーリー。演出は「ROOKIES」「JIN―仁―」「天皇の料理番」などの平川雄一朗氏ら。主人公のライバル役・浅野忠信(43)の“怪演”も話題を呼んだ。

最終回は、深冬(竹内結子)から、沖田(木村)に手術を任せたいと告げられてショックを受けた壮大(浅野)は病院から姿を消す。壮大が不在のまま迎えた深冬の手術当日、入念な準備をした沖田は万全の態勢で臨む。しかし、深冬の状態は思ったよりも悪いことを知る…という展開だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『カルテット』は“性愛”をどう捉えたかーー“唐揚げ問題”が示す、新たな家族のカタチ
山下智久に暗雲?ジャニーズが仕向ける”お払い箱”の危機
太川陽介&蛭子能収“バス旅コンビ”再び!春の房総半島を旅
TOKIO「DASH島」で新たな装置を作成
木村佳乃の生歌に視聴者騒然!?「破壊力すさまじい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加