8世紀の奈良にペルシャ人が住んでいた...

8世紀の奈良にペルシャ人が住んでいた...

  • アゴラ
  • 更新日:2020/01/18

イランIRNA通信が1月16日報じたところによると、日本の奈良文化財研究所が「西暦736年に少なくとも1人のペルシャ人が奈良に住んでいたことを証明する木簡が見つかった」という。NHK放送が報じたものをIRNA通信が伝えた。日本とイランの両国関係はこれまで考えられてきた以上に長い交流の歴史があったことが分かる。
奈良時代にペルシャ人が住んでいたことを暗示する木片(IRNA通信から)
木簡は50年前に

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加