中国:シェールガス開発を加速、20年の年産1000億立方米超えも

中国:シェールガス開発を加速、20年の年産1000億立方米超えも

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/20
No image

株式会社フィスコ

中国でシェールガス開発が急ピッチに進む見通しだ。シェールガスや炭層ガスの埋蔵資源量は、一般天然ガスの8.5倍に相当するなど膨大。生産技術のボトルネック突破、投資の拡大を通じて、2016~20年の第13次5カ年計画期間中に増産が加速する予定だ。
年産目標を大幅に超過達成する可能性もある。国土資源部・鉱産資源埋蔵量評価センターの張大偉主任の話した内容として、中国政府系メディアが18日付で伝えた。
中国のシェールガス生産は、これまで停滞。15年の全国生産は44億7100万立方メートルに低迷し、第12次5カ年計画で掲げた「2015年の65億立方メートル生産」は未達に終わった。
ただ、有望鉱区では、生産の活発化が目立つという。中国石油化工(サイノペック:386/HK)グループが開発した四川盆地のフ陵シェールガス鉱区は、16年の目標生産を60億立方メートルに設定した。17年は100億立方メートル、20年は130億立方メートルに拡大する見通し。また、中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)グループが四川省に保有する長寧・威遠・邵通鉱区では、16年の生産量が合計25億立方メートルを超える公算だ。20年には100億立方メートルを突破するとみられる。
張大偉主任は、四川盆地とさらにその周辺部の合計面積45万平方キロを開発エリアに加えるべきと提言。その場合は20年のシェールガス生産が中国全体で1000億立方メートルを超えると予想した。
国家能源局は今年9月30日、「シェールガス発展計画(2016~20年)」を公布。20年の国内シェールガス生産量を300億立方メートルに引き上げる目標を定めた。同計画では、◆シェールガス掘削技術のレベルアップ、◆探査・開発プロジェクトの推進、◆国家級シェールガス産業モデル区の整備、◆送ガス管などのインフラ整備——の4点を重点的に推進していく方針が示された。30年時点の目標については、800億~1000億立方メートルに設定する。
大気汚染対策やクリーン低炭素発展戦略が進められるなか、天然ガスは中国のエネルギー構造を調整・最適化する上で大きな役割を担う。国務院弁公庁がまとめた「エネルギー発展行動計画(14~20年)」では、中国の一次エネルギー消費に占める天然ガスの比率を20年に10%以上へと高める計画が明示された。
地質調査局は今年7月、中国で2カ所目の有望シェールガス鉱区が発見されたと発表した。貴州省遵義市正安県で試掘したところ、日量20万2200立方米の高圧シェールガスが噴出。点火すると上空20メートルまで火勢が上ったという。
中国のシェールガス埋蔵は、米国と肩を並べる31兆立方メートルに上る。ただ、これまで商業生産を開始したエリアは、四川盆地のフ陵シェールガス鉱区のみ。14年5月に生産が開始されたフ陵鉱区では、北米に次ぐ規模のガス資源埋蔵が確認された。

【亜州IR】

<ZN>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
冬ボーナス、中小企業は平均27万7,086円 - 昨年に比べ改善
アストンマーティンとレッドブルのハイパーカー、「AM-RB 001」...150台が完売
日経平均上昇“トランプラリー”で積極投資
観光客、呼んだはいいが“無責任”エジプト
冬のボーナス、国家公務員に支給 平均約70万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加