「年金制度改革法案」衆議院本会議で可決

「年金制度改革法案」衆議院本会議で可決

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/11/29
No image

年金支給額の上昇を抑えるための「年金制度改革法案」は29日、衆議院本会議で与党などの賛成多数で可決され、参議院に送られた。民進党など野党4党は「年金カット法案だ」と批判しており、塩崎厚生労働相の不信任決議案などを提出したが否決された。

民進党・水戸将史議員「年金カット法案を国会に提出し、十分な審議をしないまま衆議院厚生労働常任委員会で可決させ、国民の生活補償するどころか脅かしているではありませんか」

自民党・三ツ林裕巳議員「今回の法案は当時の民主党が社会保障税一体改革で先送りした課題に結論を出しただけであります。厳しい政策でも勇気をもって進めるのが責任ある政治です」

民進党などが提出した丹羽厚労委員長の解任決議案と塩崎厚生労働相の不信任決議案は衆議院本会議で否決され、その後、年金制度改革法案が与党などの賛成多数で可決された。論戦の場は参議院に移るが、与党側は、「現役世代の負担を抑えるための法案だ」と主張しており、来月2日には審議に入り、来月14日までの会期内に法案を成立させたい考え。

しかし、野党側は「あくまでも成立阻止を目指す」などと参議院でも徹底抗戦の構えで、与党側は厳しい国会運営を迫られることも予想される。

また、日本でカジノの合法化を目指す「カジノ解禁法案」についても衆議院での審議入りが決まった。ただ、民進党は執行部を中心に反対意見が根強いほか、公明党も慎重な審議を求めており、今の国会の会期内に法案成立に至るかは不透明な状況。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
防衛費、過去最大の5.1兆円へ 29年度予算案、中国・北朝鮮対応
北方領土返還やっぱりプーチンに騙された“お坊ちゃま首相”
長時間労働との関連は?定額残業代制度とは
安倍首相の在職1807日、歴代6位に 5日に中曽根氏抜き
岸田外相、プーチン大統領と会談

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加