最新ランキングをチェックしよう
フェミニストの私は「男の生きづらさ」問題をどう考えるか

フェミニストの私は「男の生きづらさ」問題をどう考えるか

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2019/08/26

「男がつらい」時代と「男性学」
現代日本社会は、「男性にとってつらい」社会だという。不安定な雇用、上がらない給料、長時間労働、昇進・昇給を望みにくい状況、失業不安など、仕事に関わる状況が悪化していることに加え、家族生活の上でも、未婚化の進行、離婚の増大、老親介護負担の増大、子育ての難しさの増大など様々な問題がある。確かに現代日本社会は「男性にとってつらい」社会かもしれない。
当然、こうした「男がつ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「子どもが欲しいの・・・」。年下の若い男に、34歳の女が本音で想いを告げた夜
社内恋愛は別れ方が大事!上手な終わらせ方と別れた後の接し方とは?
【出会い】友達や知人から男性を紹介してもらえる人、もらえない人の違いって?
「この子重いかも」と男性が引いてしまう女性の行動7つ 負担になる...
【食事デート】レストランで男性ドン引き! 恋のチャンスが消えるNG行動9つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加