1回転半負けてた!平野歩夢VSショーン・ホワイト「銀と金の分かれ目」

1回転半負けてた!平野歩夢VSショーン・ホワイト「銀と金の分かれ目」

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2018/02/15

平昌オリンピック・スノーボード男子ハーフパイプは、ショーン・ホワイトの金、平野歩夢の銀で終わった。2人の技の難度はほぼ同じ。プロスノーボーダーの藤沼到さんは「平野選手は国際大会のどこでやっても優勝するランでしたが、ショーン選手はすべて回り続けていた」ところが違うと指摘する。平野が95・25点を出した2回目の滑走の回転数は合計15回。これに対して、97・75点を出したショーンの3回目の滑走は合計16回半だった。平野より1回転半多かったのだ。

「目の前に見えた金が銀に変わった」

平昌のTBSスタジオで平野は「最後の最後まで目の前に金の可能性があったのに、その最後で銀になってしまった」とやはり悔しそうに話す。

司会の国分太一が「競技を振り返ってみましたか」

平野「細かい点で悔しさが残る部分を感じますが、結果を受け入れ、新しい課題に進めればなと思っています」

早く二人の次の対決が見たい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アイスダンスで仏代表の衣装はだける、選手は「悪夢」と涙 平昌五輪
フィギュア・アイスダンスの韓国ペア、衣装はだけるハプニング<平昌五輪>
宇野昌磨選手「課金は負けではない」の名言にソシャゲ民感涙!
羽生結弦の「ある行動」に称賛続々! ファンが感動した「心遣い」とは
「ベタベタしすぎ」宇野昌磨の樋口コーチに心ないバッシングが相次ぐ理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加