阪神松田、プロ初先発2回3失点「チームに迷惑を」

阪神松田、プロ初先発2回3失点「チームに迷惑を」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/15
No image

2回裏DeNA1死二塁、桑原に中越え適時二塁打を浴び厳しい表情を見せる松田(撮影・足立雅史)

<DeNA8-2阪神>◇13日◇横浜

プロ初先発の阪神松田遼馬投手(23)は2回4安打3失点で降板した。初回を無失点で乗り切ったが、2回に1死一、二塁から倉本、桑原に2者連続の適時二塁打を浴びて3点を失った。

松田は「(2回に)先制してもらった後に逆転を許してしまい、長いイニングを投げることができずに中継ぎの方やチームに迷惑をかけてしまいました」とコメントした。

チームの大黒柱であるメッセンジャーが11日に「右足の腓骨(ひこつ)骨折」で出場選手登録を抹消。先発ローテの再編を迫られ、2軍で先発経験のある松田が、この日の先発マウンドに上がった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
東海大菅生、九回執念の同点劇実らず...元中日の若林監督、雪辱誓う
23日の予告先発 ホークス石川VS西武岡本、楽天美馬は初2桁勝利にを王手
オリックス・西が打球を受けて交代 二回からは金田がマウンドへ
市立船橋vs千葉日大一
高校野球ドットコム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加