東京為替:ドル・円はしっかり、米金利上昇を受けて

東京為替:ドル・円はしっかり、米金利上昇を受けて

  • FISCO
  • 更新日:2016/11/30
No image

株式会社フィスコ

ドル・円は一時112円80銭まで上昇した。米10年債利回りが2.3089%まで上昇したことから、ドル買いが強まったもよう。足元はやや買い一服となり112円50銭台で推移している。ある市場筋は「石油輸出国機構(OPEC)総会で減産合意が見送られても、米金利が下げなければドル・円への影響は限定的」と指摘する。

ここまでのドル・円の取引レンジは112円06銭から112円80銭、ユーロ・円は119円46銭から119円89銭、ユーロ・ドルは1.0628ドルから1.0660ドルで推移した。

<MT>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
安いジェネリック医薬品を薬局がすすめる理由
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
町田市(の一部)、本当に神奈川県になる...ネタでもデマでもなく、本当の話です
電通“長時間労働”解消へ1割を人事異動へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加