ハリル“独演会”20分! 清武弘嗣が先頭走りリーダーシップを発揮【日本代表練習レポート】

ハリル“独演会”20分! 清武弘嗣が先頭走りリーダーシップを発揮【日本代表練習レポート】

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/12/06
No image

6日の練習ではハリルホジッチ監督が“独演会”。それでも日本代表の選手たちは笑顔でランニング【写真:舩木渉】

日本代表は6日、都内でEAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会(E-1)に向けて練習を行った。

予定の時間を少し過ぎて会場に到着した日本代表の面々は、徐々にピッチに登場し、3グループに分かれて6対2のパス回しで体を動かし始める。選手たちには笑顔もあり、時折歓声が湧くなど和やかな雰囲気だった。

その後ピッチ中央に全員が集合すると、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の“独演会”が始まった。気温10度を下回る寒空のもと、指揮官はおよそ18分間にわたって熱弁をふるった。時に声を荒げて選手たちに要求する姿や、若い伊東純也や大島僚太の方を向いて話す時間も長くあった。

さすがに長すぎたか、監督の話の最中に軽くストレッチをする選手も見られた。“独演会”が終わると、チーム全員で3分間ほどピッチの外周をランニング。清武弘嗣が一団の先頭に立って走るなど、リーダーシップをとっていく姿勢を見せた。

そうしてミーティング中に冷えた体を再び温めつつ、ランニング後は小さいマーカーやハードルなどを使ってペースを上げながら体をほぐしていき、短めのダッシュを入れている最中で練習の公開は終了となった。

この日はE-1に臨む日本代表選手たちの背番号も発表になり、大島僚太が「10番」を背負うことが決定。初招集の伊東純也は「14番」、三竿健斗は「16番」、阿部浩之は「18番」、初瀬亮は「19番」、室屋成は「20番」、山本脩斗は「21番」を着用すると明かされている。

なお、JFA関係者によれば6日に負傷で離脱が発表された杉本健勇は、昼食前にチームを離れたという。同選手の代役として追加招集された川又堅碁が「9番」を着けることとなった。

(取材・文:舩木渉)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イッテQ、宮川参加お祭りの「不正疑惑」に騒然
サッカーW杯ロシア大会、ハリル退場のおそれも? 日本の予選突破に暗雲
“Play fire, Play ice”。「月まで走れ!」の関西大一は倉田、井手口のアドバイスを胸により熱く、より冷静に戦う
【ウインターカップ2017 コラム】2年半で日本代表候補の竹原、念願のウインターカップに初参戦
FW伊東が面白い “乾以上”のドリブル自慢 課題は成功率
  • このエントリーをはてなブックマークに追加