KESが約3年8カ月ぶりにIWGPタッグ王座を奪回 「タッグは俺たちが仕切る」

KESが約3年8カ月ぶりにIWGPタッグ王座を奪回 「タッグは俺たちが仕切る」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/27
No image

IWGPタッグ王座を奪回したデイビーボーイ・スミスJr.(右)とランス・アーチャー=神戸ワールド記念ホール

「プロレス・新日本」(24日、神戸ワールド記念ホール)

IWGPタッグ選手権試合は王者組のウォーマシン(レイモンド・ロウ、ハンソン組)と挑戦者組のゲリラズ・オブ・デスティニー(タマ・トンガ、トンガ・ロア組)、KES(ランス・アーチャー、デイビーボーイ・スミスJr.組)の3WAY戦で争われ、KESが約3年8カ月ぶりの王座返り咲きに成功した。

ド迫力の大乱戦は、孤立したロウにスミスがパワーボム、アーチャーがチョークスラムとたたみかけ、キラーボムで完全KO。3度目の戴冠を果たした。

アーチャーは「タッグ戦線は俺たちが仕切ってやる」と豪語。スミスは出血した右上腕を見せつけながら「何度でもやってやるが、金輪際ベルトは渡さない」とほえまくった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
村田諒太、悲願のミドル級王座も フジテレビ、CM中の相手ギブアップで「え?勝ったん?」
エンダム、村田の会見に登場「またいつかやろう」
村田諒太の決定的瞬間CMで見逃した?フジに不満も
村田の勝利インタビュー中に豊田真由子氏落選確実を画面下で速報...ネット上驚きの声
村田諒太、WBAミドル級世界王者に「より強い世界の舞台にチャレンジする」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加