「あゝ、荒野」監督・岸善幸、濡れ場の演出は「緊張で胸が張り裂けそう」と吐露

「あゝ、荒野」監督・岸善幸、濡れ場の演出は「緊張で胸が張り裂けそう」と吐露

  • ナタリー
  • 更新日:2017/09/16

菅田将暉とヤン・イクチュンがダブル主演を務める「あゝ、荒野」の上映イベントが本日9月16日、東京・東京国立近代美術館フィルムセンターにて開催された。

No image

「あゝ、荒野」上映イベントの様子。左から木下あかり、岸善幸。

すべての写真を見る(全6枚)

No image

本日開幕した第39回PFF(ぴあフィルムフェスティバル)の一環として行われたイベントにはキャストの木下あかり、監督の岸善幸が登壇。イベントの冒頭に流された菅田とヤン・イクチュンの息の合ったビデオメッセージについて岸は「ボクシングのシーンは、やはりピリピリしていて少し距離を置いている感じでしたけど、ヤンさんが思った以上に日本語を理解して話せるので、冗談を言い合ってあんな感じでしたね」と撮影現場でも相性がよかったことを明かす。

No image

菅田演じる新次を愛する芳子役の木下は「自分の中で作りすぎると現場で反応ができないので、現場に入って監督と話しながら作っていきました。脚本を読んでいて、芳子がすーっと入っていった感覚があったのは、新次に初めて家族のことを話すシーンでした。そのときにつかめたかなと思う瞬間がありました」と役作りを振り返る。

No image

濡れ場が多い本作について岸が「僕は今までそういうシーンをたくさん撮っているんですが、毎回本当に緊張します」と述べると、木下は「私よりも監督のほうが緊張してましたよね?」と暴露。岸が「菅田くんとは、わりと体位について相談しながらやっていましたね。その話を木下さんにどう伝えるかという。いろんな緊張で胸が張り裂けそうでした」と笑うと、木下は「一番ハードなシーンが撮影初日にありまして……それまではすごい緊張していたんですが、そのシーン以降はもう裸の付き合いで、リラックスして撮影に臨めました」と当時の心境を語った。

No image

若手監督の登竜門として知られるPFF。映画界を目指す人へのメッセージを求められた木下は「皆さんへ、というか私自身がいつも心がけていることになりますが、あきらめずに続ける、自分自身と向き合うことは止めない、という2つがあります。父に“敵は己だ!”といつも言われていたのでそれを胸に続けています」、岸は「長編2作目の僕が大したことは言えないですが、何をやれば目立つか、人に見てもらえるまでにどんな努力をすればいいのか考えることが重要だと思います」とそれぞれ答えた。

あゝ、荒野 前篇」は10月7日、「あゝ、荒野 後篇」は10月21日より公開。そのほか全6話からなる完全版が9月29日よりU-NEXTで独占配信される。

※「あゝ、荒野」はR15+指定作品

(c)2017「あゝ、荒野」フィルムパートナーズ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
神木隆之介インタビュー「今までやったことのない表現や挑戦ができた現場」『3月のライオン』を振り返る
「ターミネーター」サラ・コナー役の続投決定
高杉真宙×葉山奨之「セトウツミ」新キャスト発表 学ラン姿も解禁
きのこの山&たけのこの里、まさかの実写ドラマ化
宇多田ヒカル、7年ぶり実写映画の主題歌
  • このエントリーをはてなブックマークに追加