無煙&卓上「自家製焼き鳥メーカー2」が密かにブーム...「便利すぎる」「天才」

無煙&卓上「自家製焼き鳥メーカー2」が密かにブーム...「便利すぎる」「天才」

  • Business Journal
  • 更新日:2019/09/22
No image

「THANKO 直営オンラインショップ」より

ビールのお供にピッタリの“焼き鳥”。居酒屋で食べているような味わいを自宅でも楽しめたら、お酒好きにはこの上ない幸せだろう。しかし、本格的な網焼きは、難しいうえに煙が多く出る。あえなく断念した人も多いようだが、最近そんなお悩みを“ある商品”が一掃してくれた。

気になるその商品とは、サンコーの「自動で回る卓上無煙焼き鳥器『自家製焼き鳥メーカー2』」(5980円)。その名の通り、テーブルの上で焼き鳥が楽しめる卓上焼き鳥器だ。おまけにスモークレスタイプなので、煙が充満する心配もいらない。

本体の中心には、焼き鳥を焼き上げる専用ヒーターがある。その周りに1本1本串を並べていき、タイマーを設定するとすぐに調理がスタート。串は常にグルグル回っているため、焼きムラなくしっかり火を通せる。1本食べている間にほかの串を焼いておけば、ずっと焼きたてを楽しめる。

No image

「自動で串が回る焼き鳥器?!」

焼き鳥ってなんであんなに美味しいの?!
自分で焼くと焼きむらが。。。
この無煙焼き鳥マシンなら自動で回転、むらなく美味しく焼けるんです。

晩酌のお供に。

自動で回る卓上無煙焼き鳥器「自家製焼き鳥メーカー2」 https://t.co/dXJhceGBhw #サンコー
— サンコー (@thanko_web)
August 1, 2019
from Twitter

この画期的な商品を受けて、ネット上では「サンコー天才かよ」「めっちゃ便利だし、めっちゃほしい。これはすごい発明だ」「惣菜とか市販の焼き鳥の温め直しにも使えそう」と大きな話題になっている。実際に購入した人からも、「最高の一言に尽きる」「早速重宝してるよ」と、絶賛の声が広がっている。

今まで手づくりが難しかった焼き鳥。この秋は“家飲み”に新しい革命が起きるかもしれない。

(文=編集部)

※商品の価格は記事作成時の実売価格です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
歓喜:松屋の「ごろごろ煮込みチキンカレー」が復ッ活ッ! 明日10/22から1週間限定で復活だァァァァアアア!!
【信州・蓼科】豆皿でいただく絶品朝食
地元のマニアが選んだ 広島の「進化系お好み焼き」ベスト3
巷でよく聞く「グルテンフリー」。パン・パスタ以外に避けるべき食品は?
「とにかく辛すぎる」と話題の「激辛じゃがりこ」 マイルドにアレンジして食べてみた。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加