3500年前の石を磨いてみたら精巧な宝石彫刻が出てきた! 青銅器時代ギリシャの遺跡から米大学が発見

3500年前の石を磨いてみたら精巧な宝石彫刻が出てきた! 青銅器時代ギリシャの遺跡から米大学が発見

  • ねとらぼ
  • 更新日:2017/11/12
No image

アメリカのシンナシティ大学が、3500年前のギリシャの遺跡から、精巧な彫刻が施されたメノウを発見したことを発表しました。古さ以外は普通に見える石を、管理のために磨いていたら出てきたのだそうです。なんだかドラマチック。

精密な彫刻!

No image

でも磨く前は石灰岩に覆われた粗末な状態でした

No image

絵柄を分析した拡大図

幅3.6センチのメノウに、奮闘する戦士の姿が。サイズが小さいうえにメノウ特有の縞模様もあって確認しにくいですが、顕微鏡写真を見ると、筋肉や模様などが精密に彫り込まれていることが分かります。一番細い凹凸はわずか0.5ミリなのだとか。

No image
No image

顕微鏡写真では、武器の装飾や筋肉の流れなどが細かく描かれていることが分かる

発見されたのは青銅器時代のものとされる、「グリフィンの戦士」と名付けられた者の墓。2015年の調査で武器や宝飾品など1400以上もの副葬品が発見されており、件の石もその1つでした。

No image

調査中の「グリフィンの戦士」の墓

数ある副葬品に埋もれていた逸品が、調査の途中で偶然見出されたこの一件。研究者は「ミノア人は誰も想像できない種類の芸術を制作していたようだ」と述べています。

(沓澤真二)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
20、30代女性の約半数が「クリぼっち」経験者だった!
詐欺すぎ!スマホ版どうぶつの森の車屋が「詐欺」過ぎると話題に!
店員がレシートや名札の「フルネーム表示」で恐怖を感じたこと3選
社会に出たら大変? 親から叱らない教育をうけた子供の末路3選
カナダ人「アップルの店に行ったら、店員から『心臓が止まりそうになった』と驚かれた...」その気持ちがよくわかる写真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加