ゴールデンウィーク 因幡のまつり

ゴールデンウィーク 因幡のまつり

  • 地球の歩き方特派員ブログ
  • 更新日:2018/04/17

今年の春はあっという間に桜が終わってしまいましたが、

春祭りイベントは4月~5月にかけてあちこちで開催されます。

なかでも賀露港の周辺で行われる、「ホーエンヤまつり」、

若桜町で行われる若桜神社大祭は、いずれも今年が2年に一度の大祭に当たります。

どちらも他ではなかなか見られない面白い趣向のお祭りです。

鳥取県八頭郡若桜町/若桜神社大祭

2018年5月3日開催

No image
No image
No image
No image

獅子舞

麒麟獅子舞保存会のメンバーによる獅子舞で、祭前日から当日に各戸を廻る。

(麒麟獅子舞は因幡・但馬に伝わる独特の獅子舞)

No image
No image

奴の舞

中学生14人がぞうりを履き、両手にぞうりを持って

「ヨーヨイ、ヨーイトナ、ヨイトマカセ」と踊ります。

No image

御幟

7人が鎧に烏帽子(えぼし)、背に幟を立てて、手に竹の杖をついて、

カネと太鼓に合わせて足を揃えてふみ進みます。

No image

本面

赤い着物に笠を負い面をかぶった七人の本面が「ホホホー」とふざけ、祭の道化役として人気がある。

⇒若桜神社大祭、詳しくはこちら

鳥取市賀露町/ホーエンヤまつり

2018年4月29日(日)開催

「ホーエンヤ」とは「奉曳(ほうえい)」の意味で、今から1250年ほど前、

遣唐使として唐に渡った吉備真備公が帰国途中に遭難して賀露沖の鳥ヶ島へ漂着したのを、

賀露の住民たちが船で賀露の浜までお連れしてお助けしたという故事に由来。

No image

ニワカと呼ばれる化粧を施した男衆

No image

地元の高校生による幟武者。賀露神社の祭礼は通過儀礼としての意味もあります。

No image
No image

台船の周囲を曳航する伝馬船。先頭の子どもは「ジャフリ」と呼ばれています。

No image
No image
No image

因幡の祭りには麒麟獅子舞は欠かせません。

獅子に頭を噛んでもらうと、

子どもは賢くなり、大人は1年間無病息災だと昔から言い伝えられています。

⇒ホーエンヤまつり・詳しくはこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【100均検証】ダイソーの「お薬手帳ケース」が普通に便利です
部下が遅刻した理由「犬の寝顔が可愛かったから」 → それを聞いた上司の神対応に驚愕です
人生初の苦情も... アパレルショップで「さすがにクレームを言ったこと」3選
「旦那様の職業なに?」ママ友から聞かれた際の答え方とは
【心理テスト】「どの赤ちゃんが女の子に見えるか」でわかる性格診断がマジで当たる! 合理主義者や芸術家肌まで一発判明!

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加