【自動車保険】加入前にチェックすべき「等級制度」 要点だけを簡単解説

【自動車保険】加入前にチェックすべき「等級制度」 要点だけを簡単解説

  • オリコンCSランキング
  • 更新日:2016/10/18
No image

【図表】等級別割増引率例 (C)oricon ME inc.

自動車保険の更新時期に保険会社から案内のハガキが届き、開けてみると保険料が今までの倍近くになっていて驚いた経験がある人もいるのではないだろうか。実は、保険料が上がる最大の理由は「等級が下がったから」。では、「等級」とはどのような仕組みなのか? 要点をまとめて解説していこう。

自動車保険料に影響する「等級」 保険会社を変えたらどうなる?

■1~20の間で数字が大きいほど割引率が高い

等級とは、自動車保険の保険料を計算する際の基準になるもので、1~20等級に区分されている。初めて契約する場合は6等級からスタートする。最も優良なのは20等級で、最大63%と保険料の割引率が高く、数字が小さくなるにつれて割引率は低くなる。

■事故を起こして保険を使うとダウンする

等級は事故歴(事故の内容や回数)に応じて決定される。1年間、保険を使った事故がなければ、次年度に1等級上がるが、万が一、事故を起こして保険を使うと、1事故につき原則3等級下がる仕組みになっている。

■事故の有無によって割引率は異なる

また、事故を起こして保険を使ったら、1件につき3年間(事故によっては1年間)は“事故有”の割増引率が適用される点も特徴だ。つまり、たとえ同じ等級であったとしても、一度事故を起こせば無事故の場合と比べて保険料が高くなるということ。もし、少しの修理費が必要な程度の事故であれば、保険会社に相談のうえ自己負担で済ませるという選択もありだろう。

等級は、自動車保険料に大きく影響する。無事故で等級が高いほど保険料はおさえられるので、ぜひ安全運転を心がけ、身を守りながら保険料の節約にもつなげてほしい。

【文/中島典子】
税理士・社会保険労務士・CFP。ファイナンシャル・プランナー一中島典子税理士事務所・広尾麻布相続センター代表(http://tax-money.jp)。個人・オーナー経営者・起業家のお金の悩みごとをワンストップでトータルサポート。FP関連書などの執筆、講座講師、子どもからシニアまでの金融経済教育で活動中。

【監修/SAKU】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
《1億4千万人が乗車したアトラクションを乗り納め!!︎》もうすぐ34年間の歴史に幕を閉じる『グランドサーキット・レースウェイ』に乗って今だけもらえる"記念乗車証"をGETせよ!!︎
【正答率1%だと!?】解けたらIQ167の問題が話題に!あなたは天才か、それとも凡人か?
1万4千円の婚約指輪を店員に笑われ......花嫁の返答が話題に
「育ちがいいんだろうな」と思う男性の名前4つ
リーダーになってはいけない人の3つの特徴
  • このエントリーをはてなブックマークに追加