今日から洗濯で混乱!? 洗濯表示が難解すぎる... 覚えるこつは?

今日から洗濯で混乱!? 洗濯表示が難解すぎる... 覚えるこつは?

  • dot.
  • 更新日:2016/12/01
No image

新しい「洗濯表示」の早見表。見慣れない記号も多い。新たな洗濯表示は全部で41種類だが、この早見表にはそのうちの主たる28種類が掲載されている(経済産業省の資料より)

2016年12月1日から、衣類のタグなどについている「洗濯表示」(取り扱い表示)が新しいデザインになる。これまで使われていた22種類の記号が、国際規格に合わせた41種類の記号に変更されるのだ。

普段はほぼ洗濯機の標準コース、ニット系の衣料はドライコース、という筆者が一覧表を確認してみたところ、そこには見慣れない記号の数々が。ツイッターなどでは「全然わからん」「さらに意味不明になった」といった声も上がっている。いったいどのように変わったのだろうか。

まず、これまでの記号をおさらいしよう。洗濯機やおけ、三角フラスコなどの絵に、「手洗イ」や「エンソサラシ」「ドライ」といった言葉や、温度や強弱が数字と漢字で書かれており、とりあえずは見れば理解できる記号だった。

ところが新表示では、「家庭洗濯」「漂白」「乾燥」「アイロン」「クリーニング」を表す5つの「基本記号」と、「強さ」や「温度」「禁止」を表す「付加記号」、数字の組み合わせで衣類の取り扱い方を示している。原則文字はなく、参考情報として、「洗濯ネット使用」「裏返しにして洗う」などと簡単な言葉で表示される場合もあるという。

「強さ」は横線(―)の本数で表し、線が増えるほど弱くなる。タンブル乾燥(衣類を熱と共に回転させながら乾かす、コインランドリーや家庭用ドラム式洗濯乾燥機での乾燥方法)や、アイロンをかける時の「温度」は点(・)で表現し、点の数が増えるほど、温度が高くなるのだ。

また、記号に対する考え方も変わった。これまでは「この方法で洗濯した方が良い」といった「指示(推奨)表示」だったが、新表示は「記号で示された条件か、それよりも弱いまたは穏やかな条件で行う」という「上限表示」となる。つまり、洗濯の温度が40度と示されていたら、それより高温で洗ってはいけない、ということだ。提示された以下の、どの条件で扱うかは、消費者が判断する。

実際の記号で見てみよう。例えば、液体を張ったおけの中に「30」の数字、おけの下には線が1本引かれた記号は、「液温は30度を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる」ということを示す。

ここで一つ疑問が生まれた。「弱い洗濯」ってなんだ?筆者が使っている洗濯機に「弱」というボタンはないよ?

洗濯機などの規格を担当する経済産業省に確認すると、「一般的な日本製洗濯機のいわゆる標準コース、またはそれよりも弱い『手洗い』、『ドライ』などのコースで洗える、ということ」だという。メーカーや機種によって表示が異なるため、迷ったらメーカーに問い合わせるのが一番だという。

しかし、いざ洗濯という時に混乱してしまう可能性もある。消費者庁の担当者に、覚え方のこつを聞いてみた。返ってきたのは、「5つの基本表示を覚えるのが一番早い」という答えだ。「まず基本表示を見て、それから付加記号に着目する。(家庭洗濯を表す)おけの記号に『バツ(×)』がついていればクリーニングに出す。漂白剤やタンブル乾燥など新しく追加された記号は押さえる」(消費者庁の担当者)

とはいうものの、四角形を使った「乾燥」の表示などは、普段干し方にこだわりがない筆者には分かりにくい。四角形の中に縦線が1本は「つり干し」、2本は「濡れつり干し」、横線が1本なら「平干し」、2本なら「濡れ平干し」を表す。また、四角形の左上に斜線があれば「陰干し」、中に円があれば「タンブル乾燥」と、目がちかちかしてくる。

さらに、「P」を丸で囲んだ「ドライクリーニング」を表す記号は理解しがたい。「パークロロエチレン及び石油系溶剤によるドライクリーニングができる」という意味だが、それなら丸の中のアルファベットを「D」や「DRY」とした方が分かりやすいのでは?と思ってしまう。

そもそも、なぜ洗濯表示が変わったのか。日本で初めて洗濯表示ができたのは1968年のこと。76年に、法律でこれまでの記号を衣類に表示する義務が課され、それから40年もの間、日本独自の記号が使われてきた。しかし、海外製の衣類が流通するようになり、洗濯表示もグローバル化しようと、2014年、国際規格に合わせた表示を運用することが決まった。

これらの経緯から、洗濯表示が変わることによって、「海外の製品でも戸惑うことなく洗濯できるし、きちんと守れば、縮みなどの洗濯トラブルを防げるのではないか」(消費者庁の担当者)というメリットがあるという。また、12月1日以降に出荷される商品には、新表示がつけられる。

まあ、まずは基本表示を覚えるところからだろうか。洗濯表示が変わったからといって、基本的な洗濯方法が変わるということはなさそうだが、早めに慣れた方が悩まずに済みそうだ。詳しい表示については、消費者庁のウェブサイトなどでまとめられているので、参考にしてほしい。(ライター・南文枝)

【おすすめ記事】ワーママの私生活ストレス1位は「配偶者の◯◯」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「頭が混乱する...!?」反射によって生み出された奇跡の写真いろいろ
1万4千円の婚約指輪を店員に笑われ......花嫁の返答が話題に
【けしからん】美人だが、あまりに攻めた格好で授業どころではない教師が話題に
「この老夫婦、40年前の姿が想像できたら神だと思う...」孫が見たら仰天しそうな写真
その手があったか!「コンドームエッチ」で気持ち良くなる方法3つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加