東京五輪へ禁止薬物の覚書締結 経験値共有など期待

東京五輪へ禁止薬物の覚書締結 経験値共有など期待

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/06
No image

覚書を締結した室伏スポーツ局長(中央)ら

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は5日、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)と東南アジア地域アンチ・ドーピング機構(SEARADO)とアンチ・ドーピングに関する覚書を締結した。

経験値共有、教育活動などでの相互協力を目指すもので、検査員不足が懸念される東京大会に向けて人材確保の面でも期待される。組織委の室伏広治スポーツ局長も「大会に向けて重要なマイルストーンになる」と歓迎していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
19年東京ドーム開幕戦でエンゼルス大谷の“凱旋試合”浮上 米メディア報じる
大谷翔平のメディカル情報漏えいでMLB機構が調査開始と米報道
楽天の今江がこども病院訪問 入院中の子供と交流「元気になってもらえるプレーを」
藤浪よ大山よ、東京五輪出ろ!阪神・金本監督、常夏の島ハワイから大号令
「スーパーな糸井」で行く!阪神・糸井、来季は1番打者アピール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加