ジェイコブス 大差の判定勝利 ゴロフキンに敗戦後の再起戦飾る

ジェイコブス 大差の判定勝利 ゴロフキンに敗戦後の再起戦飾る

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

プロボクシングのミドル級12回戦は11日(日本時間12日)に米国のニューヨーク州で行われ、同級元王者のダニエル・ジェイコブス(30=米国)がルイス・アリアス(27=米国)を3―0(118―109、120―107、119―108)の判定で下した。

No image

ダニエル・ジェイコブス (AP)

これでジェイコブスの戦績は35戦33勝(29KO)2敗。3月にゲンナジー・ゴロフキンとの統一戦に敗れたが、約8カ月後となった再起戦を大差の判定勝利で飾った。一方、敗れたアリアスはこれが初黒星となり、19戦18勝(9KO)1敗。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
福原愛の次に中国で有名なWBO世界王者・木村翔が大晦日決戦で誓う無名返上
現役最年長!74歳・グレート小鹿が意欲「来年はどこかのベルトをもらいたい」
大仁田 愛弟子の引退試合で“専売特許”電流爆破を許可
木村翔 五十嵐とV1戦 大みそかはトリプル世界戦! 五十嵐は引退勧告はねのけ挑戦
矢吹純が初代王者、20歳のJKボクサー泣かせた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加