ハイヒールがはきたい!でも...ヒール靴による疲れの対処法と予防法

ハイヒールがはきたい!でも...ヒール靴による疲れの対処法と予防法

  • アサジョ
  • 更新日:2018/02/15
No image

ちょっとオシャレして出かけるときは、やっぱりヒールの靴ですよね。よく、街で颯爽と歩く女性を目にしますが、中には危なっかしい歩き方をしている女性も見かけます。とくに、底が高いヒールの靴は、慣れていないと疲れますし、足首をくじいてしまうことも……。そこで、ヒールで疲れてしまったときの予防法と、ケア方法をご紹介します。

●足指ほぐし&足首まわし

ハイヒールをはいたときの痛みの原因の一つは、血行不良です。血流をよくするために、足の指をほぐす、足首をまわすなどのセルフケアを行いましょう。

●疲れ予防のために、自分の足に合った靴を選ぶ

マナー講師・金森たかこさん著、マナーコンサルタント・西出ひろ子さん監修の「入社1年目ビジネスマナーの教科書」(President Inc,刊)によると、疲れにくくはきやすい靴選びのポイントは、「かかと」「つま先」「幅」をチェックし、ヒールは3~5cmのパンプスがいいそうですよ。

●オフィスではヒールの低いものにはき替える

ウォーキングインストラクターの君塚正道さんの著書「あと14分歩くと健康になる: あなたの体が変わる『正しい歩き方』」(主婦と生活社刊)では、ヒールによる足の疲れを予防するために、オフィスではヒールの低いものにはき替えるといいとされています。

オシャレも大切ですが、疲れを残したりケガをしたりしては、気分も落ちてしまいます。なので、「疲れにくく快適」ということも意識して靴選びをしたいですね。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「なぜ前職を辞めたのですか?」への答え方5選
【悪夢】深夜バスにいる迷惑客! 信じられない話だが本当にいる極悪客11連発
母から2000万奪った大銀行の"合法手口"
ディズニーでマナー違反のJK急増。インスタ映え写真に批判の声
昭和かよ! 小学校で保護者が言われた「ちょっと時代錯誤な指導」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加