トヨタの燃料電池大型トラック、実証実験開始へ...まずは1日320km走行

トヨタの燃料電池大型トラック、実証実験開始へ...まずは1日320km走行

  • レスポンス
  • 更新日:2017/10/13
No image

トヨタの燃料電池大型トラック

もっと画像を見る
トヨタモーターノースアメリカは10月12日、米国カリフォルニア州において10月23日から、燃料電池システムを搭載した大型トラックの実証実験を開始すると発表した。

この実証実験は「プロジェクト・ポータル」と呼ばれるもの。燃料電池パワートレインを搭載した大型トラックコンセプトを使用する。同車には、市販燃料電池車、『ミライ』のFCスタック2基と12kWhの駆動用バッテリーを採用。最大出力は670hp以上、最大トルクは183.2kgmを発生する。

大型トラックコンセプトは実証実験において、1日あたり約320kmを走行する予定。積荷を含めて、総重量はおよそ36トン。まずは、ロサンゼルス港やロングビーチのターミナルを基点に、倉庫へ物資を輸送する。その後、順次走行距離を伸ばす予定。

この実証実験を通じて、トヨタモーターノースアメリカは、大型商用車に燃料電池技術が導入できるかどうか、実用性などを確認していく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
印字も読めないボロボロのICカード乗車券、きれいになる?
【東京モーターショー2017】マツダは次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を出展
先進的高付加価値・農業研修にアジア12カ国から来日ーアジア生産性機構(APO)
ホンダ CB400SF 新型発売...最高出力56psへアップ、新排ガス規制にも対応
「日本人のマインドセットを変え、働き方改革を成し遂げる」日本マイクロソフト平野拓也社長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加