墜落事故で死去のケンペス選手 元所属のJ22チームが哀悼の意

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/12/02

サッカーのブラジル1部シャペコエンセの選手ら乗客乗員計81人が搭乗した航空機が、コロンビア中部メデジン近郊で墜落した事故を受け、同機に搭乗していたFWケンペス選手(享年34)がかつて所属していたC大阪、千葉のJ22チームが30日、クラブの公式サイトなどで哀悼の意を表した。

ケンペスは12年2月に当時J1だったC大阪に期限付き移籍で加入。9カ月間プレーし、公式戦34試合で9得点を挙げた。13年からJ2千葉に完全移籍し、同年には22得点で得点王に輝いた。

2012年シーズンで一緒にプレーした当時のキャプテン、藤本康太選手は、「嘘であってほしいと思っていたし、言葉にするのが難しいです。外見は怖さがありましたが優しくて、真面目でチームのために自分を犠牲にできる選手でした。大阪ダービーでケンペス選手が得点して決めたのが一番頭に残っています」と早すぎる別れを惜しんだ。

クラブはブラジル最大の放送局ヘジ・グローボの報道や同国サッカー関係者の情報から、「ケンペス選手が搭乗され、残念ながらご逝去されたとの知らせを受けることとなりました」と突然の悲報に戸惑いを隠せず、「ここに故人の生前のご功績を偲ぶとともに、謹んでお悔やみ申し上げます」とつづった。

また、ケンペス選手が2013、2014年シーズンに所属していた千葉は、前田英之代表取締役が「ブラジル1部リーグ所属シャペコエンセ 墜落事故に関するすべての方へ」とコメントを発表。

千葉では77試合、38得点(リーグ、昇格プレーオフ、天皇杯を含む)の成績を残し、「在籍1年目にはJ2リーグ得点王にも輝くなど大変輝かしい功績を残されました。彼の活躍を改めて称え、ご冥福をお祈り致します」と記した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
G大阪DF米倉が肉離れで離脱
群馬で13得点の瀬川、大宮へ完全移籍。シュミットは仙台に復帰、金民友は水原へ
C大阪柿谷曜一朗、グラビアアイドル丸高愛実と結婚
  • このエントリーをはてなブックマークに追加