最新ランキングをチェックしよう
近代オカルトのベースを創った『竹内文書』とは?

近代オカルトのベースを創った『竹内文書』とは?

  • リアルライブ
  • 更新日:2019/08/25

画像はイメージです 『竹内文書』がなければ、近代日本のオカルトシーンはさぞ退屈なものになっていたであろうと筆者は断言したい。別名『磯原文書』とも『天津教文書』 とも言われている同文書は、『カタカムナ文書』『上記(うえつふみ)』『秀真伝(ほつまのつたえ)』『東日流外三郡誌』『富士文献』と同様に、神代文字で記され偽史と認識されている。 同文書は、武烈天皇の命により平群真鳥が神代文字で記されていた古伝承

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【広島】運転手が女性だと確認すると、急ブレーキで車を止めさせ窓を叩いてきたドライバーが物議!
恥じらう姿が絶賛!?広瀬すず、「浮き出た胸ポッチを隠す」仕草が大騒動に!
チェーンメールも...新型コロナのデマ拡散「お湯で予防」 病院も困惑
市川海老蔵、医療関係者から聞いた新型コロナ予防策明かし反響
「さっさとやれって!」玉川徹氏、日本政府にカメラ目線で激怒 コロナ対策遅れに苦言で称賛集める
  • このエントリーをはてなブックマークに追加